『基本セット2021』スタンダード環境のイゼット・果敢デッキです。

イゼット・果敢

Yoman5さんが考えたリストを参考にしたとのことです。Yoman5さんのデッキは打消しが入っておりテンポデッキだったけれども、このリストは果敢やそれと同じようなカードを増やしてより攻撃的にしたとのことです。
出典:Izzet Prowess Deck Guide for M21 Standard


Lands
4 x 蒸気孔
4 x 天啓の神殿
6 x 山
8 x 島

Creatures
4 x 厚かましい借り手
4 x スプライトのドラゴン
4 x 嵐翼の精体

Spells
4 x ショック
4 x 選択
4 x 突破
4 x 大慌ての棚卸し
2 x ひっかく鉤爪
4 x 舞台照らし
4 x 謎変化
Sideboard
4 x 神秘の論争
3 x 霊気の疾風
2 x 炎の一掃
2 x トーモッドの墓所
2 x 魂焦がし
2 x 溶岩コイル


以下、元記事からの抜粋と要約です。

《選択》などの1マナのカードは《嵐翼の精体》を唱えるためのマナコストを下げるためや、果敢を誘発させるために温存しておくことが大切です。
嵐翼の精体

このデッキはゲーム終盤にガス欠になったり、クリーチャーはいるけどスペルがいないといったことがあったりしたため、《大慌ての棚卸し》や《舞台照らし》といった手札を補充する呪文を採用しています。
大慌ての棚卸し

《嵐翼の精体》は2マナで出せる3/3果敢というだけでなく、場に出たときに占術2ができることにより後続ターンでデッキの動きをよくできる点も重要です。

《謎変化》は当初は採用すべきか自信がありませんでしたが、使ってみたところ期待を上回りました。2枚目の《謎変化》は1枚目の《謎変化》をクリーチャー化してくれたり、3/3はアグロデッキ相手には硬いブロッカーになります。
謎変化

《ひっかく鉤爪》は1ゲームにおいては早期決着のために役立ちますが、2ゲーム目以降はサイドアウトすることが多いです。
ひっかく鉤爪


元記事の後半にはサイドボード・ガイドも掲載されています。

スポンサードリンク