『イコリア:巨獣の棲み処』スタンダード環境のバント・ランプです。

バント・ランプby Nick Prince

TCG Playerでバント・ランプとジェスカイ・ルーカそれぞれが相手の倒し方の解説記事を書くという企画をやっており、そのうちのNick Princeさんが担当するバント・ランプ側の記事です。
出典:Duel Decks: Nick vs Ally — Bant Ramp vs Jeskai Lukka


Lands
4 x 繁殖池
2 x ヴァントレス城
4 x 寓話の小道
2 x 森
4 x 神聖なる泉
3 x 島
2 x 平地
4 x 寺院の庭
4 x 啓蒙の神殿
4 x 神秘の神殿
4 x 豊潤の神殿

Creatures
4 x 自然の怒りのタイタン、ウーロ
2 x 裏切りの工作員

Spells
4 x 時を解す者、テフェリー
3 x 覆いを割く者、ナーセット
2 x 伝承の収集者、タミヨウ
2 x ガラスの棺
2 x ドビンの拒否権
4 x 成長のらせん
4 x 神秘の論争
2 x 中和
4 x 海の神のお告げ
3 x 空の粉砕
4 x エルズペス、死に打ち勝つ
3 x サメ台風

Sideboard
1 x 空を放浪するもの、ヨーリオン
2 x ドビンの拒否権
2 x ガラスの棺
1 x 空の粉砕
4 x 敬虔な命令
2 x 軽蔑的な一撃
3 x 秋の騎士


Yoman5の記事ではスタンダードはジェスカイ・ルーカかそれを倒すアグロデッキの2強だと書いていましたが、バント・ランプは《空の粉砕》とウーロのおかげでアグロデッキに対して有利で、ジェスカイ・ルーカ相手には《成長のらせん》などでマナ加速するほうが打消し呪文をくぐり抜けて4マナの《創案の火》をとおすより簡単です。

上記リストは元にしたリストと比べてタミヨウを減らしてナーセットを増やし、対アグロのカードは必要数を確保しつつ、打消しを多めにしています。

ジェスカイ・ルーカ相手のサイドボードは以下のようにします。
C-05-21-2020-Article-Graphic

ジェスカイ・ルーカ相手にはコントロールデッキとして振舞いますが、ヨーリオン+ルーカ+《裏切りの工作員》+《創案の火》はバント側が稼ぐカードアドバンテージよりも強力で、爆発力もあります。
バントは小さなカードアドバンテージを積み重ねつつ、これらのカードによるコンボが成立しないように妨害します。

相手は序盤に兵士トークンを出してきますが、こちらは除去はサイドボード後には抜いてしまっているため、代わりにエンチャントも壊せて、兵士トークンをブロックできて、プレインズウォーカーへのプレッシャーにもなる《秋の騎士》を採用します。
cardimage (4)


また、ジェスカイ・ルーカ側のサイドボードプランに合わせて《ガラスの棺》を何枚メインに残すかを決めます。相手がトークンでゴリゴリ攻めてくるプランの場合に有効です。
ガラスの棺



プレインズウォーカーについて。
ジェスカイ・ルーカ相手のプランは盤面にプレインズウォーカーを並べて相手が1ターンに1枚しかカードを引けない状況を作り出し、ソフトロックをかけることです。

《伝承の収集者、タミヨウ》は+1能力や-3能力があるため、そのときに欲しいカードの代わりになり、ゲーム後半は打消し呪文を-3で回収します。
tamiyo


《時を解す者、テフェリー》は相手のサメトークンをバウンスして除去したり、自分の《海の神のお告げ》をバウンスするのが効果できです。そのため、バウンスする対象がいないときに《エルズペス、死に打ち勝つ》などで除去される心配がないときやどうしても土地が欲しいとき以外は1ドローのために空うちをせず忠誠度を増やしていくのでも問題ありません。
teferi


《覆いを割く者、ナーセット》はジェスカイ・ルーカに対しては相手に出されたときほどインパクトはありませんが、ほぼ相手にカードを1枚しか引けないようにすることができます。また、相手にナーセットを出されても、こちらもナーセットで手札を補充できます。
narset


サメ台風について。
相手がテフェリーやナーセットを出していても、相手のターンにサイクリングすればトークンも出せるしカードも引けるし、相手の終了ステップに出したトークンはテフェリーにバウンスされることなく、返しのターンで相手のプレインズウォーカー達を殴りに行けます。
サメ台風

ゲーム終盤にマウントを取った後は10/10のサメトークンが相手を2回殴って終わらせるといったこともできます。
序盤にいざとなったら2マナでサイクリングできる点も良い点です。

ジェスカイ・ルーカとのマッチアップにおいては、自分のターンに6マナをタップしたいときがなかったのでエンチャントとして場に出したことはありません。

初手キープ基準について。
初手をキープするかは、ジェスカイ・ルーカに好きなようにさせないことができるかです。プレインズウォーカーを巡る戦いになるため、土地、タミヨウ、ナーセット、《エルズペス死に打ち勝つ》といったカードがあるかどうかを基準にしそうですが、これは特にサイドボード後は負け戦になるプランです。

その代わりにマリガンして探しに行くのは打消し呪文です。ジェスカイ・ルーカ側は《創案の火》とルーカの2つのカードをプレイさせないことが重要です。また、(打消し呪文を補充したり構えるマナを残したりするたに、)《成長のらせん》やウーロによるマナ加速、《海の神のお告げ》によるドローなどは重要です。

ただし、《エルズペス、死に打ち勝つ》や《裏切りの工作員》が初手に多く来てしまった場合にはマリガンします。《エルズペス、死に打ち勝つ》が1枚あるくらいが丁度よいです。

プレイの流れ。
序盤は典型的なコントロールのミラーマッチで、土地を置くだけが続きます。先に動いたほうが最終的には負けるため、可能な限りジェスカイ・ルーカ側が先に動くように仕向けていきます。先に動いて打消し合戦に勝利しても、相手が返しのターンでより強力なカードを出して来たら割に合いません。

ただしテフェリーは例外で、バント・ランプ側がテフェリーを出せてそのまま次のターンまで生き残ってしまったら、ジェスカイ・ルーカ側は対処手段を見つけるか、バント側が対処しきれなくなるくらい強力なカードを出し続ける必要があります。

また、バント・ランプ側は《成長のらせん》でジェスカイ・ルーカ側よりも1ターン早く4マナに到達できるため、テフェリーを出して《神秘の論争》を構えることができます。
相手が返しのターンでテフェリーを出してきたら、《エルズペス、死に打ち勝つ》を出してさらにテフェリーでバウンスして、相手の3マナなり4マナのカードを追放するというジェスカイ側にとっては最悪の展開に持ち込めます。《エルズペス、死に打ち勝つ》をテフェリーなりヨーリオンで使いまわせば繰り返される2章の+2マ要求が、続くターンでのジェスカイ側の動きを封じ込めます。
エルズペス、死に打ち勝つ


《創案の火》は強力なカードですが、1ターンに1枚しかカードをプレイできない状況になってしまったら自分が相手のターンに何もできなくなる逆テフェリーです。
実践ではジェスカイ・ルーカ側の手札が2枚のときに、あえて《創案の火》をとおして、続くルーカや《エルズペス、死に打ち勝つ》に打消し呪文を温存したりしました。

バントにとっての負けパターンはルーカを通してしまって《裏切りの工作員》を出されるか、《エルズペス、死に打ち勝つ》を通してしまってこちらのプレインズウォーカーを除去され、打消しは2マナ増えるせいで弱体化され、相手の墓地からテフェリーやナーセットが戻ってくる場合です。

また、毎ターン、《アーデンベイル城》からトークンを出されて防戦一方になったこともありました。

上記をまとめると、ヨーリオンでさっさと決めるか、プレインズウォーカーで盤面を固めて相手が何をしてきても大丈夫なようにする必要があります。

《裏切りの工作員》は出すタイミングを待ち構え、場に出たらヨーリオンでブリンクさせるなりテフェリーでバウンスするなりしてゲームを決めに行きます。
kousakuin

相手のルーカを裏切らせて嬉しいかについてですが、バント・ランプ側はウーロや《裏切りの工作員》、サイド後は《秋の騎士》とクリーチャーが多くいるため+能力でアドバンテージを取ることができ、また-2能力も《秋の騎士》を《裏切りの工作員》につなげていくことができます。

スポンサードリンク