Yoman5さんによるスタンダードメタゲーム分析の5月20日分が公開されました。

Standard Metagame Breakdown May 20th 2020

以下、記事からの抜粋と要約です。

Red Bulの大会の2日目進出デッキと2つのMOチャレンジイベントの結果です。今はジェスカイ・ルーカを中心としたメタゲームで、それを倒すか自分も使うかです。
もしルーカを倒したいのであれば、アグロデッキかティムール・《荒野の再生》が選択肢になります。
MTG-Meta-Breakdown-1200x1300

強いデッキ

ジェスカイ・ルーカ
リストはこちら
アグロ対策として《太陽の恵みの執政官》がサイドボードに採用されています。もともとデッキにエンチャントが多いため星座との相性もよいです。また、それに伴い全体除去として《空の粉砕》ではなく《陽光の輝き》が採用されています。《陽光の輝き》は《太陽の恵みの執政官》が生き残るだけでなく、《太陽の恵みの執政官》の絆魂で3点ライフ回復もできます。
太陽の恵みの執政官陽光の輝き

スタンダードのイベントで良い成績を残したいのであれば、このデッキをお勧めします。

赤単(オボシュ)
リストはこちら
ジェスカイ・ルーカの台頭とオボシュにより赤単が復権しました。
しかし、軽量除去や軽いブロッカーが多いデッキに対しては苦戦します。その筆頭が今のメタゲームではティムール・《荒野の再生》です。

ボロス・サイクリング
リストはこちら
引き続き強いデッキではあるものの、ジェスカイ・ルーカは《太陽の恵みの執政官》を採用しだしているのと、赤単の拡大により苦戦しています。

ティムール・荒野の再生
ジェスカイ・ルーカにもアグロにも使えるカードとして《火消し》を採用しているリストもありますが、最も結果を出しているリストはアグロ対策はサイドボードに寄せてメインデッキは対ルーカに寄せたものになります。

晴れる屋の増田勝仁さんによる解説記事はこちら

使う人はいるだろうけど使うべきではないデッキ

ティムール・アドベンチャー
アグロデッキ以外でルーカに対して有利なデッキだが、他のデッキに対して不利に感じるのでおススメしない。

バント・ランプ
アグロにも不利でルーカに対しては悲惨なことになるのでおススメしない。

ラクドス・サクリファイス
アグロに対しては有利だが、ルーカや《荒野の再生》に対して不利。

強いけど警戒されなさそうなデッキ

白単オーラ
デッキリストはこちら
どこからともなく表れたデッキ。絆魂や《石とぐろの海蛇》入りのオーラデッキ。
単体除去の不足を他のアグロデッキには倒されないクリーチャーで補います。

《石とぐろの海蛇》、《命の恵みのアルセイド》などのカードで単体除去を防ぎ、《ケイラメトラの恩恵》で全体除去から守ります。また、《陽光の輝き》については《ケイラメトラの恩恵》を使わなくとも、いくつかあるパワーよりもタフネスを大きくするカードで対処できます。

ジェスカイ・ルーカ側は全体除去を《空の粉砕》に戻したり、《ガラスの棺》を増やしたほうがよいかもしれません。《ガラスの棺》については、白単側が《ガラスの棺》からクリーチャーを守るためにプロテクション(白)をクリーチャーにつけてくれば、相手の白いオーラが全部外れます。
ガラスの棺

ジャンド・サクリファイス
デッキリストはこちら
ジャンド・サクリファイスはデッキが遅いのと盤面に依存していることから死亡したと思っていましたが、市川ユウキが《ボーラスの城塞》を採用することで問題を解決しました。
jousai

《金のガチョウ》と《忘れられた神々の僧侶》によるマナ加速から《ボーラスの城塞》を出すことでスピードを上げています。

また、《金のガチョウ》の食物トークンによるライフ回復から、《パンくずの道標》や《ボーラスの城塞》につなげることで長期戦も戦えます。

アグロデッキがいいメタならマルドゥ・騎士もいいのでは

デッキリストはこちら
アグロデッキなのでジェスカイ・ルーカには有利ですが、結果を見るとティムール・アドベンチャーなど他のデッキに対して不利なことが分かります。
ルーカを倒したいのであれば、他のアグロデッキをお勧めします。

※晴れる屋に掲載されたLee Shi Tianによる解説記事はこちら

自分はどのデッキを使うか

ジェスカイ・ルーカを使います。
上記の市川ユウキによるジャンド・サクリファイスか、同じく市川ユウキによるスゥルタイ・《ボーラスの城塞》も同じくらい使いたいですが、ジェスカイ・ルーカがベストデッキだと思います。

スポンサードリンク