『テーロス環魂記』環境の《放浪者》+《戦慄衆の指揮》コンボデッキです。

放浪者+戦慄衆の指揮 by Saffron Olive

mtggoldfishの変わったデッキ紹介コーナーからです。投票で選ばれたカードで何とかデッキを組んでみる企画のデッキです。
出典:Against the Odds: The Wanderer (Standard) by SaffronOlive
Lands
4 x 血の墓所
2 x ロークスワイン城
3 x 寓話の小道
4 x 神無き祭殿
2 x 山
2 x 平地
3 x 聖なる鋳造所
3 x 沼
1 x 悪意の神殿
1 x 静寂の神殿
Creatures
4 x 死の飢えのタイタン、クロクサ
4 x ぬかるみのトリトン
2 x リックス・マーディの歓楽者
4 x 貪る禿鷹
2 x 悲哀の徘徊者
4 x 悪夢の番人
3 x 厳格な者、コンラッド卿
Spells
4 x 放浪者
2 x 魔性
4 x 戦慄衆の指揮
2 x ティマレット、死者を呼び出す

Sideboard
1 x 影槍
4 x 苦悶の悔恨
4 x 敬虔な命令
2 x 害悪な掌握
2 x 焦熱の竜火
2 x 魔性

以下、記事からの抜粋&要約です。

このデッキは墓地にカードを落し、《放浪者》を出してダメージをくらわなくなった状態で《戦慄衆の指揮》を唱えるデッキです。
wanderercommand

《戦慄衆の指揮》から呼び戻すフィニッシャーを何にしようかと考えましたが、リアニメイトして一発で勝てるほうがエキサイティングだと考えました。そこで、《厳格な者、コンラッド卿》、《死の飢えのタイタン、クロクサ》、《悪夢の番人》を採用することにしました。
 厳格な者、コンラッド卿死の飢えのタイタン、クロクサ 悪夢の番人

《厳格な者、コンラッド卿》は《戦慄衆の指揮》を解決する前に場に出しておけば、相手に墓地から戻したクリーチャー分だけダメージを与えることができます。

《死の飢えのタイタン、クロクサ》はコンラッド卿によるダメージに加えて、場に出たときの効果で相手に3点ダメージを与えてくれる可能性もあります。

《悪夢の番人》と《死の飢えのタイタン、クロクサ》を組み合わせれば、《死の飢えのタイタン、クロクサ》を出して相手の手札を捨て、《死の飢えのタイタン、クロクサ》が生贄に捧げられることでコピーのトークンが出てきます。それにより相手は手札が空になっているだろうからクロクサの数だけ3点ダメージをくらい、さらにコンラッド卿によるダメージもくらます。

それでも相手のライフを削りきることができなかったら《悲哀の徘徊者》で生贄にささげて、コンラッド卿によるダメージで削り切ります。


結果は3勝2敗とのことでした。

スポンサードリンク