『テーロス還魂記』環境のシミック・ランプです。

シミック・ランプ by Seth Manfield

TCG Player でSeth Manfieldが新環境のデッキ3つを紹介していました。
以下はその中からシミック・ランプです。

出典:Three Decks to Watch in Theros Standard by Seth Manfield

Lands
4 x 繁殖池
2 x ギャレンブリグ城
2 x ヴァントレス城
2 x 寓話の小道
9 x 森
4 x 島
4 x 神秘の神殿
Creatures
2 x 樹上の草食獣
4 x 枝葉族のドルイド
4 x 発現する浅瀬
1 x 深海住まいのタッサ
4 x 自然の怒りのタイタン、ウーロ
4 x 茨の騎兵
1 x 終末の祟りの先陣
3 x ハイドロイド混成体
Spells
4 x 世界を揺るがす者、ニッサ
2 x 破滅の終焉
4 x 成長のらせん

Sideboard
3 x 霊気の疾風
3 x 恋煩いの野獣
3 x 神秘の論争
2 x 変容するケラトプス
1 x 深海住まいのタッサ
3 x 意地悪な狼

以下、記事からの抜粋&要約です。

《自然の怒りのタイタン、ウーロ》は墓地からも唱えることができ、もはや前環境で採用していた《模写》は必要ありません。また、《茨の騎兵》との相性がよく、ウーロが《茨の騎兵》のためにマナ加速し、《茨の騎兵》はウーロのために墓地を肥やします。
自然の怒りのタイタン、ウーロibaranokihei

また、このデッキにウーロを採用するもう1つのメリットは、エレメンタルデッキに対するサイドボードカードであった《静寂をもたらすもの》を相手が出していると、ウーロが3マナ6/6のクリーチャーとして場に残る点です。
seijaku

《深海住まいのタッサ》は、場に出たときの効果を持ったカードが多く採用されているこのデッキとは相性がよく、《裏切りの工作員》も試してみようと考えています。《破滅の終焉》で持ってくる対象となる強力なクリーチャーがデッキにいることは重要で、タッサで《裏切りの工作員》を毎ターン場に出しなおして相手のパーマネントを奪っていけばもはや負けません。

スポンサードリンク