平平MTG日記

フライデーで週1回遊ぶ程度のサラリーマンのMTG日記です。

2018年04月

カード評価系の記事等について、目に止まったものを随時追記していこうかと思います。

【4/24追加】
Top 8 Cards I’m Excited About From Dominaria By Josh Silvestri

Channel Fireballの記事。《ラノワールのエルフ》はここでも1位です。

2位には白白白の《ベナリアの軍司令》、3位には《べナリア史》がランクイン。「白単機体組めるんじゃない?」的なことが書いてありました。

《テフェリーの誓い》を採用したバント・スーパーフレンズのリストも記事中に掲載されています。
ちなみに、バント・スーパーフレンズはmtg goldfishにも解説記事があります。

スポンサードリンク

【4/20追加】Channel FireballでのMike Sigrist による記事。

Top 10 Dominaria Cards for Standard By Mike Sigrist

《黎明をもたらす者ライラ》は5マナだけど4マナの《ヴラスカの侮辱》にやられてしまうので10位。赤単相手のサイドボードカード

《ゴブリンの鎖回し》はトリプルシンボルのサイクルの中でベストカードとのことで6位。トークンや《ラノワールのエルフ》、《光袖会の収集者》を焼き払います。

その他、上位は4位から順にてフェリー、《べナリア史》、カーン、《ラノワールのエルフ》と続きます。

[4/17追加]MTG GoldfishのSaffron Oliveによる、過大評価されているカード、過小評価されているカードの紹介。
Dominaria: Underrated / Overrated

過小評価されているカードは《アンティキティー戦争》、各種ジンたち、《菌類感染》など。
記事中では、それぞれ、青黒ターボ《アンティキティー戦争》、青単、黒緑苗木のデッキリストが掲載されています。

青黒ターボ《アンティキティー戦争》は《策謀家、テゼレット》を使ったデッキなので、テゼレットを初動で4枚買った会社の後輩に早速教えてあげたいと思います。
jp_vMMFDOsKxz

[4/15追加]SCGでShaheen Sooraniによるコントロールに限定したドミナリアのトップ10です。
The Dominaria Control Top 10!

1位は伝説でないクリーチャーを1体破壊する《喪心》でした。
上位はテフェリーやライラですが、黒系コントロールで使って見たいということで《リッチの騎士、ジョス・ヴェス》もランクインしていました。
jp_Ff3kLVzyZg


[4/12追加]SCGでのBen Friedmanによる評価。
Dominaria's Greatest Hits

神話レア/レアの最上位はカーンでした。
後は、2ターン目《遵法長、バラル》からの《モックス・アンバー》で、そこから打ち消し呪文を撃てたら、手札から《王神、ニコル・ボーラス》を捨てて3ターン目に《ヨーグモスの不義提案》という夢を叶えてみようと書かれていました。
jp_F9OwcQCLL8


Brennan DeCandioはテフェリーがドミナリアのベストカードだと考えているとのこと。



Christian Calcanoによると、モダンだけど《ウルザの後継、カーン》がベストで、《ウェザーライト》がそれに次ぐベストカード。
《ウェザーライト》はマルドゥ機体(チャンドラや各種機体、アーティファクトクリーチャーが含まれている)や、《スカラベの神》系のデッキ(《奔流の機械巨人》《アズカンタの探索》《アルゲールの断血》《豪華の王、ゴンティ》《スカラベの神》などが含まれている)が居場所になるのではとのこと。
The Most Exciting Cards In Dominaria!


Rudy Brikszaは、神話レアだとカーン、テフェリー、ライラ推しのよう。
My Favorite Cards in Dominaria


私は会社の後輩が《べナリア史》を猛プッシュしてきたので4枚予約したのですが、《べナリア史》推しの記事はまだないようです。→4/20についに《べナリア史》推し記事が出現。

スポンサードリンク

予約トレカ(マジックザギャザリング)MTG ドミナリア プレインズウォーカーデッキ 2種アソート (英語)
予約トレカ(マジックザギャザリング)MTG ドミナリア プレインズウォーカーデッキ 2種アソート (日本語)
予約トレカ(マジックザギャザリング)MTG ドミナリア バンドル(英語のみ)
予約トレカ(マジックザギャザリング)【ボックス】MTG ドミナリア ブースターパック 英語版
予約トレカ(マジックザギャザリング)【ボックス】MTG ドミナリア ブースターパック 日本語版

いつからかずっと《マリオネットの達人》デッキを追求し続けているConley Woodsが、ドミナリア環境の青黒《マリオネットの達人》コントロールとジャンド《不屈の独創力》をTwichで配信していました。


ジャンド《不屈の独創力》のほうが『ドミナリア』のカードが多く採用されており、面白そうです。

青黒《マリオネットの達人》コントロール

UB Puppet Control by Conley Woods
Lands
1 x オラーズカの拱門
4 x 水没した地下墓地
4 x 異臭の池
4 x 廃墟の地
5 x 島
1 x 愚蒙の記念像
5 x 沼

Creatures
3 x マリオネットの達人
1 x スカラベの神

Spells
4 x 致命的な一押し
1 x 本質の散乱
1 x 否認
2 x 喪心
4 x 宝物の地図
3 x 至高の意思
2 x 不許可
1 x バントゥ最後の算段
3 x ヴラスカの侮辱
1 x 暗記+記憶
2 x 策謀家、テゼレット
2 x ウルザの後継、カーン
3 x 呪文詐欺
2 x 中略
1 x 明日からの引き寄せ
 
Sideboard
2 x 強迫
1 x 策謀家、テゼレット
1 x アルゲールの断血
1 x 没収
2 x 大災厄
1 x バントゥ最後の算段
1 x ヤヘンニの巧技
2 x 黄金の死
1 x 失われた遺産
3 x 否認



青黒《マリオネットの達人》にカーンを入れただけのデッキ。


テゼレッや《宝物の地図》、《呪文詐欺》からアーティファクトがたくさん出てくるので、カーンから出てくるトークンも大きいサイズになりますが、本命の使い道は《マリオネットの達人》です。

《マリオネットの達人》はお荷物になるかと思いきや、中盤に除去で時間を稼ぎつつ宝物トークンとかがたくさんならんだところに降臨し、何度か一撃死させていました

プレイ動画では、ゲーム後半に余った《ヴラスカの侮辱》を自分の《マリオネットの達人》に撃って、それを《呪文詐欺》で打ち消して大量の宝物トークンを出したのち、《マリオネットの達人》で勝つということもやっていました。


《スカラベの神》が1枚だけ入っていますが、《スカラベの神》で《マリオネットの達人》を戻せばパワーが4+3で7になるので、電池が3つあれば勝てますが、配信をみているとそんな使われ方はせず、普通に相手の強いクリーチャーを《スカラベの神》で奪って勝っていました

スポンサードリンク

ジャンド《不屈の独創力》

Jund Creativity by Conley Woods
Lands
1 x オラーズカの拱門
2 x 熱烈の砂漠
1 x 栄光の砂漠
1 x 竜髑髏の山頂
1 x 廃墟の地
2 x 森
4 x ハシェプのオアシス
1 x イフニルの死界
3 x 山
3 x 根縛りの岩山
1 x 屍肉あさりの地
3 x 隠された茂み
1 x 沼

Creatures
3 x 栄光をもたらすもの
1 x 転生するデアリガズ
2 x 飢饉の具現、トルガール

Spells
2 x マグマのしぶき
3 x 削剥
4 x 苗木の移牧
1 x 焼けつく双陽
4 x 楽園の贈り物
1 x 捲土+重来
2 x 反逆の先導者、チャンドラ
4 x 胞子の大群
1 x ウルザの後継、カーン
4 x 約束の刻
1 x 秘宝探究者、ヴラスカ
3 x 不屈の独創力
 
Sideboard
1 x 強迫
1 x 不純な捧げ物
2 x 大災厄
2 x 栄光の刻
1 x 破滅の刻
1 x 栄光をもたらすもの
2 x 焼けつく双陽
1 x 人工物への興味
1 x 壊れた絆
1 x 人生は続く
1 x 秘宝探究者、ヴラスカ
1 x 屍肉あさりの地




《胞子の大群》や《苗木の移牧》から出したトークンを生贄に捧げて、《不屈の独創力》から強力なクリーチャーをまとめて召喚するデッキ。
jp_jjvDLnk79W

採用されているクリーチャーは飛行+速攻の《栄光をもたらすもの》と《転生するデアリガズ》に、場に出た時に相手のライフを10点にできる《飢饉の具現、トルガール》となっており、相手を一撃で倒すこともできます。
jp_sTmU2rZsA8

《飢饉の具現、トルガール》は、苗木トークンを生贄に捧げれば4ターン目に出て来て、5ターン目の《栄光をもたらすもの》につなげることができます。また、やられそうなときは自分のライフを10点に回復することもできます。

スポンサードリンク

Todd SteavensがTwichで配信していたリストになります。

Twichの動画を再生すると3分くらいたったらデッキの解説なしにいきなり試合が始まります。

Sultai Karn by Todd Steavens
Lands
4 x 水没した地下墓地
4 x 異臭の池
1 x 廃墟の地
1 x 森
2 x 内陸の湾港
2 x 島
6 x 沼
3 x 森林の墓地

Creatures
4 x 歩行バリスタ
3 x 禁制品の黒幕
2 x 這い回る偵察機
2 x スカラベの神

Spells
2 x 強迫
4 x 致命的な一押し
4 x 探検の地図
2 x 喪心
4 x 宝物の地図
4 x ヴラスカの侮辱
4 x ウルザの後継、カーン
2 x 秘宝探究者、ヴラスカ

Sideboard
3 x 否認
3 x 黄金の死
1 x 強迫
2 x 殺戮の暴君
3 x 帰化
1 x アルゲールの断血
2 x 貪る死肉あさり


《ウルザの後継、カーン》4枚に《スカラベの神》2枚、《殺戮の暴君》2枚など、スタンダード環境でトップクラスの札束コントロールデッキです。

相手が序盤から攻めてくるデッキの時には《致命的な一押し》や《歩行バリスタ》で除去したり、《禁制品の黒幕》や《這い回る偵察機》でブロックしたりして時間を稼ぎます。

相手が序盤から攻めてこないデッキの場合には、軽いアーティファクトを並べていき、《ウルザの後継、カーン》のトークン生成につなげていきます。

カーン自身はフィニッシャーというよりドローソースでありトークンでの時間稼ぎ要員であり、トドメは《スカラベの神》がさしてくれます

配信が7時間もあるので飛ばしながらみてみましたが、カーンが活躍するところはあまり見れなかったものの、生き残ってプラスとマイナスを連発し出したらとても強かったです。(当たり前)

スポンサードリンク

Jim Davisがバント副陽と青白スラム・オーラのドミナリア版をTwichで配信していました。

バント副陽

デッキリスト

Bant Approach by Jim Davis
Lands
1 x オラーズカの拱門
3 x 植物の聖域
2 x 不屈の砂漠
2 x 森
1 x ハシェプのオアシス
4 x イプヌの細流
4 x 灌漑農地
1 x 島
2 x 平地
1 x まばらな木立
1 x 屍肉あさりの地
1 x シェフェトの砂丘
3 x 陽花弁の木立

Spells
4 x 封じ込め
2 x 本質の散乱
2 x アズカンタの探索
3 x 魔学コンパス
4 x 開拓+精神
3 x 残骸の漂着
2 x イクサランの束縛
2 x 排斥
1 x ドミナリアの英雄、テフェリー
4 x 約束の刻
3 x 燻蒸
4 x 副陽の接近

Sideboard
1 x 領事の権限
3 x 砂漠の拘留
2 x 黎明をもたらす者ライラ
3 x 否認
1 x ジェイスの敗北
2 x 殺戮の暴君
3 x 帰化

Jim Davisが当初SCGオープンで使っていたバージョンと比べると、《不可解な終焉》3枚と《イクサランの束縛》1枚の代わりに《封じ込め》が採用されています。また、《楽園の贈り物》2枚を削って、土地1枚と《ドミナリアの英雄、テフェリー》が追加されています。

《不可解な終焉》は低マナのクリーチャーしか追放できませんでしたが、《封じ込め》はタップ状態という制限があるものの、それ以外では対象のクリーチャーを選ばず、しかも瞬足を持っていることから採用されています。

《ドミナリアの英雄、テフェリー》は、このデッキでは3ターン目の《開拓》から、4ターン目に出て来て、+能力を使って《本質の散乱》を構えることができます。採用枚数が1枚なのは、すでに5マナのカードが《約束の刻》に《燻蒸》と大量にあるためとのことです。

スポンサードリンク

青白スラム・オーラ

UW Sram Auras by Jim Davis
Lands
3 x 灌漑農地
4 x 氷河の城砦
4 x 島
7 x 平地
2 x シェフェトの砂丘

Creatures
2 x 不屈の護衛
4 x 空渡りの野心家
4 x アダントの先兵
4 x 善意の騎士
4 x 上級建設官、スラム
2 x 捕らえ難い悪漢

Spells
4 x 結束のカルトーシュ
3 x 軍団の上陸
4 x 執着的探訪
1 x 潜伏
3 x 不可解な終焉
4 x 知識のカルトーシュ
1 x セラからの翼
 
Sideboard
2 x 領事の権限
2 x 燻蒸
2 x 飛行機械による束縛
2 x 試練に臨むギデオン
4 x 否認
1 x 呪文貫き
2 x 霊気圏の収集艇


《善意の騎士》は、《致命的な一押し》や《渇望の時》《喪心》といった環境にある黒い除去カードを避けることができるし、先制攻撃をもっているので赤単にも強いということで採用されています。

《不屈の護衛》は1マナ2/1というだけで強いですが、《上級建設官、スラム》といった主力クリーチャーを守ることができます。

《セラからの翼》は、サイドボードの《霊気圏の収集艇》や《領事の権限》と合わせて赤単対策とのことです。

スポンサードリンク


いつの間にか会社の元上司(課長)にこのブログの存在がバレており、ドミナリア環境の赤単について調べておくよう頼まれたので、まとめてみました。

4/19公開のMOの5-0リストを見ると新しいカードを入れていない赤単も5-0していたような気がしますが、目新しいものだけピックアップしました。


《包囲攻撃の司令官》入り

デッキリスト

WR by methyl__
Lands
4 x 断崖の避難所
1 x 廃墟の地
4 x 感動的な眺望所
12 x 山
1 x 平地
3 x 屍肉あさりの地

Creatures
3 x 地揺すりのケンラ
2 x 風雲船長ラネリー
2 x ピア・ナラー
1 x 熱烈の神、ハゾレト
3 x 再燃するフェニックス
3 x 栄光をもたらすもの
3 x 包囲攻撃の司令官

Spells
4 x 反逆の先導者、チャンドラ
4 x マグマのしぶき
4 x 削剥
4 x 稲妻の一撃
2 x 排斥
Sideboard
2 x 没収の曲杖
2 x 凶兆艦隊の向こう見ず
1 x 宝物の地図
2 x 焦熱の連続砲撃
2 x 俗物の放棄
2 x 焼けつく双陽
1 x 熱烈の神、ハゾレト
2 x イクサランの束縛
1 x ヴァンスの爆破砲


解説

《風雲船長ラネリー》や《反逆の先導者、チャンドラ》4枚といったマナ加速要員を投入し、《栄光をもたらすもの》や《包囲攻撃の司令官》といった重たいクリーチャーにつなげます。
jp_jdRwFPS1ob

《包囲攻撃の司令官》は除去されてもゴブリン・トークン3体が残るし、追加の火力にもなる強力なクリーチャーです。

また、構成が重たくなったのでついでに白をタッチすることで、《スカラベの神》や相手の《熱烈の神、ハゾレト》に《排斥》で対処できるようになりました。

スポンサードリンク

《ゴブリンの鎖回し》入り

デッキリスト

【出典】Que Significa Dominaria by Ben Friedman
Chainwhirler Red by Ben Friedman
Lands
21 x 山
3 x 屍肉あさりの地

Creatures
4 x ボーマットの急使
2 x アン一門の壊し屋
4 x 地揺すりのケンラ
4 x 狂信的扇動者
4 x ゴブリンの鎖回し
3 x 再燃するフェニックス
4 x 熱烈の神、ハゾレト
2 x ピア・ナラー

Spells
3 x ショック
3 x 削剥
3 x 稲妻の一撃
Sideboard
2 x 霊気圏の収集艇
2 x 凶兆艦隊の向こう見ず
2 x 栄光をもたらすもの
1 x 再燃するフェニックス
2 x ケルドの炎
1 x 削剥
3 x マグマのしぶき
2 x 反逆の先導者、チャンドラ


解説

SCGでBen Friedmanが掲載していたリストです。

《ゴブリンの鎖回し》は、《光袖会の収集者》や《ラノワールのエルフ》、飛行機械トークンといった、タフネスが1の相手のクリーチャーを焼き払ってくれます。
jp_1C9Q8ewVjC

サイドボードの《ケルドの炎》はゲーム中盤に相手にとどめをさすために使います。3つめのダメージを+2点してくれる能力により《狂信的扇動者》が《稲妻》に変わります。《ラノワールのエルフ》のせいで環境のスピードがこれまでよりも速くなり、《再燃するフェニックス》といった4マナのカードを採用している場合じゃなくなったときに、《ケルドの炎》は有効だろうとのことです。

スポンサードリンク

ゴブリンの贈り物

デッキリスト

Lands
24 x 山

Creatures
4 x 狂信的扇動者
4 x スカークの探鉱者
4 x 金属ミミック
4 x ずる賢いゴブリン
4 x ゴブリンの戦長
4 x ゴブリンの鎖回し
4 x 包囲攻撃の司令官

Spells
4 x 来世への門
4 x 王神の贈り物
Sideboard
4 x 削剥
4 x 栄光をもたらすもの
4 x 再燃するフェニックス
3 x 反逆の先導者、チャンドラ


解説

晴れる屋さんの記事でも津村プロが掲載していましたが(HareruyaWayfinderのDeck12)、上記は市川プロのTwitterに載っていたものです。

津村プロのリストは手札に来てしまった《王神の贈り物》は《安堵の再開》か《来世への門》で捨てるようになっていますが、こちらは《スカークの探鉱者》でゴブリンを生贄に捧げてマナを出し《王神の贈り物》を直接プレイするルートも用意されています。

jp_GKGGAg7tjV

上記からリストは変わりましたが、市川プロのTwich配信は以下で見ることができます。(Twichでtrioskで検索すると出て来ます)
回すぞゴブリンギフト

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ