パイオニアの《迷路の終わり》デッキです。

迷路の終わり 土地
迷路の終わりはタップ状態で戦場に出る。
(T):(◇)を加える。
(3),(T),迷路の終わりをオーナーの手札に戻す:あなたのライブラリーから門(Gate)カードを1枚探し、それを戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。あなたが異なる名前の門を10個以上コントロールしているなら、あなたはこのゲームに勝利する。

・Ali Aintraziによるリストもあります。
Pioneer Maze's End By Ali Aintrazi

迷路の終わり by Saffron Olive【ELD】

出典:Against the Odds: Maze's End (Pioneer, Magic Online) by SaffronOlive
Lands
1 x アゾリウスのギルド門
1 x ボロスのギルド門
3 x 繁殖池
1 x ディミーアのギルド門
1 x 死者の原野
1 x 森/
1 x ギルド門通りの公有地
1 x ゴルガリのギルド門
2 x グルールのギルド門
1 x 神聖なる泉
1 x 島
2 x イゼットのギルド門
4 x 迷路の終わり
1 x オルゾフのギルド門
1 x 調和の公有地
1 x ラクドスのギルド門
2 x セレズニアのギルド門
3 x シミックのギルド門
1 x 寺院の庭

Creatures
4 x 樹上の草食獣
4 x 不屈の巡礼者、ゴロス

Spells
2 x 削剥
3 x 暗殺者の戦利品
4 x 成長のらせん
3 x 燃え立つ門
4 x 迂回路
2 x 至高の評決
1 x 不滅の太陽
4 x ギルド会談


Sideboard
2 x 真髄の針
2 x 削剥
2 x 盲従
2 x 否認
3 x 安らかなる眠り
1 x ムラーサの胎動
1 x サルーリの門番
1 x 至高の評決
1 x 不滅の太陽

mtggoldfishの変わったデッキを紹介するコーナーから、《迷路の終わり》デッキです。

以下、記事からの抜粋&要約です。

《迷路の終わり》のためにギルド門を大量に入れる必要がありますが、それだと全ての土地がタップインしてしまうため、アンタップインする土地も多く採用する必要があります。

そのため、ギルド門は《ギルド通りの公有地》を入れて11種類採用することにしました。10種類だと《漂流自我》で1種類抜かれたり、《暗殺者の戦利品》で1枚挿しのギルド門を破壊されただけで勝てなくなってしまうためです。

1枚だけ採用されている《死者の原野》は、ゾンビトークンで勝つことを目的としているのではなく、ギルド門10枚を揃えるまでのチャンプブロッカーとして採用しています。
sisyanogenya

また、《死者の原野》は《迷路の終わり》の能力とも噛み合っています。ギルド門を場に出すのと、《迷路の終わり》を手札に戻せるので出しなおすことでゾンビを2体出すことができます。

このデッキは勝負を決めるターンを早めるために多くのランプ呪文を採用していますが、《不屈の巡礼者、ゴロス》はそのときに必要な土地を探してこれるためベストなランプ呪文です。
golos
ゴロスの2つ目の能力はカードアドバンテージ源として使えますが、必要なギルド門を追放してしまい自滅するリスクも抱えています。


このデッキのマッチアップですが、全体除去が多いためアグロデッキ相手に強く、勝ち手段が土地なので打消し呪文やクリーチャー除去が通用しないことからコントロールに対しても強いです。一方、このデッキは遅いデッキのため、《ジェスカイの隆盛》コンボデッキに対しては不利でした。
MOのリーグ戦では4-1の勝率80%でした。



スポンサードリンク