『ラヴニカの献身』環境の緑単ストンピィ系のデッキです。

グルール・ストンピィ

出典:Gruul Stompy: How to Get the Most Out of Your Ghalta By Anthony Hodgson
Gruul Stompy
Lands
4 x 根縛りの岩山
4 x 踏み鳴らされる地
12 x 森
1 x 山

Cleatures
4 x ラノワールのエルフ
4 x 生皮収集家
4 x クロールの銛撃ち
4 x マーフォークの枝渡り
4 x 鉄葉のチャンピオン
4 x グルールの呪文砕き
4 x 無効皮のフェロックス
2 x 混沌をもたらす者、ドムリ
4 x 原初の飢え、ガルタ

Spells
4 x 争闘+壮大

Sideboard
4 x 溶岩コイル
2 x 稲妻の一撃
4 x 燃えがら蔦
2 x 撃ち壊すブロントドン
3 x ビビアン・リード

Channel Fireballで緑単タッチ赤ストンピィデッキの解説記事がアップされていました。記事執筆時点でArenaのランクは12位とのことです。

デッキのコンセプトは「強力なクリーチャーを速くだし、相手がさばききれないくらいの数を出していく」とのことです。

以下、記事からの抜粋&要約です。

このデッキのベストカードは(いくつかのマッチアップではサイドアウトすることもあるが)《原初の飢え、ガルタ》で、出てしまえば1~2ターンで勝負を決めてくれます。


ガルタに対しては除去呪文が有効ですが、火力や(伝説のクリーチャーなので)喪心では除去されないというのは覚えておいていいでしょうとのことです。

最強ムーブは、
1ターン目:《ラノワールのエルフ》
2ターン目:《鉄葉のチャンピオン》
3ターン目:《鉄葉のチャンピオン》に《壮大》を撃ってパワーを9に。《原初の飢え、ガルタ》を召喚。

他にも、
1ターン目:《ラノワールのエルフ》
2ターン目:《生皮収集家》、《クロールの銛撃ち》
3ターン目:《クロールの銛撃ち》。《原初の飢え、ガルタ》を召喚。


このデッキは《原初の飢え、ガルタ》を中心に構築しており、《争闘+壮大》は普通に使って強いカードですが、このデッキではガルタを出すためのマナ加速として採用しています。

《成長室の守護者》は4/4になれるとはいえマナが必要で、ゆっくりなデッキではよいが攻撃的なこのデッキには合わないので不採用。《翡翠光のレインジャー》は探検の結果に動きが依存するので不採用。


《混沌をもたらす者、ドムリ》はエスパーコントロールには強いけど赤単には弱いのでメタゲーム次第でメインボード採用が決まります。



記事の最後にはサイドボードガイドも掲載されています。


スポンサードリンク