Rudy BriskzaがCoolStuff.incで《ボーラスの占い師》を使ったデッキリストを3つ掲載していました。

Augur's Time to Shine

以下はそのうちのエスパー・コントロールです。他2つは、イゼット・ドレイクとシミック・ネクサスです。


Esper Control
Lands
2 x 島
4 x 水没した地下墓地
4 x 氷河の城砦
4 x 神無き祭殿
4 x 神聖なる泉
4 x 孤立した礼拝堂
4 x 湿った墓

Creatures
4 x ボーラスの占い師

Spells
1 x 戦慄衆の将軍、リリアナ
4 x ドミナリアの英雄、テフェリー
1 x リリアナの勝利
2 x 喪心
3 x 薬術師の眼識
3 x 屈辱
3 x ヴラスカの侮辱
4 x 吸収
1 x 肉儀場の叫び
3 x ケイヤの怒り
3 x 思考消去
2 x アズカンタの探索

Sideboard
なし

《渇望の時》の代わりに《ボーラスの占い師》を採用している感じのリストです。

エスパーコントロールにおける《ボーラスの占い師》は序盤のブロッカーになり、除去を探してくれるだけでなく、《ケイヤの怒り》でライフ回復できるというおまけがついてきます。


また、テフェリーの奥義が決まった後、ライブラリーアウトを待たずとも《ボーラスの占い師》でピシピシ殴ってゲームを終わらせることもできます。


他には、グリクシス・ミッドレンジに採用するなどが考えられるとのことです。

スポンサードリンク