『ラヴニカの献身』の《鏡の行進》を使ったデッキです。




イゼット・鏡の中の行進

出典:Against the Odds: Izzet March (Standard, Magic Arena)
Izzet March
Lands
5 x 島
4 x イゼットのギルド門
7 x 山
4 x 蒸気孔
4 x 硫黄の滝


Cleatures
4 x 時間流の航海士
4 x ずる賢いゴブリン
4 x ゴブリンの鎖回し
4 x 財力ある船乗り
2 x 荒くれ船員
1 x 眩惑する水底種
3 x 包囲攻撃の司令官
2 x 焦熱の太陽の化身

Spells
4 x 溶岩コイル
4 x 宝物の地図
4 x 鏡の行進


Sideboard
2 x 苦悩火
2 x シヴの炎
2 x 軽蔑的な一撃
2 x 幻惑の旋律
2 x 否認
2 x 焦熱の連続砲撃
1 x パルン、ニヴ=ミゼット
2 x 不滅の太陽

MTG GoldfishのSaffron Oliveが《鏡の行進》を使っていろいろ試した結果、たどり着いたらしいデッキです。

以下、記事からの抜粋&要約です。
《鏡の行進》で《時間流の航海士》のコピートークンを作ることができれば、出てきたトークンは速攻を持っているためすぐに追加ターンを得ることができます。


《ずる賢いゴブリン》と《財力ある船乗り》には、宝物トークンを出して《鏡の行進》に向けたマナ加速や《時間流の航海士》の昇殿の達成、《宝物の入り江》でドローに変えるといった役割があります。


《ゴブリンの鎖回し》と《焦熱の太陽の化身》は場に出たときに場のクリーチャーと相手本体にダメージを与えてくれるため、《鏡の行進》のコイン投げに勝てれば相手の盤面を一掃したり、相手のライフを削って《鏡の行進》から出てきた速攻持ちのトークンでとどめをさすことが可能となります。


《鏡の行進》から出てきたトークンはターン終了時(終了ステップ開始時)に消えてしまいますが、《眩惑する水底種》と《包囲攻撃の司令官》はそれらから出てきたトークンを残してくれます。


《荒くれ船員》は、《鏡の行進》のコイン投げで勝っただけ手札を補充できます。



マッチアップとしては、スゥルタイやドレイクといったミッドレンジには強く、《運命のきずな》のようなコンボデッキやアグロデッキに対しては弱かったとのことです。

スポンサードリンク

鏡の行進・ウィザード

出典:Instant Deck Tech: Mirror March Wizards (Standard) by SaffronOlive
Mirror March Wizards
Lands
4 x 氷河の城砦
4 x 神聖なる泉
4 x 島
1 x 山
1 x 平地
4 x 蒸気孔
4 x 硫黄の滝


Cleatures
4 x セイレーンの嵐鎮め
4 x マーフォークのペテン師
3 x 反復の学部長、ナバン
2 x ヴィーアシーノの紅蓮術師
3 x 拘留代理人
4 x 排斥する魔道士
1 x 練達の魔術師、ナル・メハ

Spells
3 x 呪文貫き
4 x 航路の作成
4 x 大司法官の扉
3 x 魔術師の稲妻
3 x 鏡の行進


Sideboard
2 x 沈黙の墓石
2 x 本質の散乱
3 x 溶岩コイル
1 x 否認
1 x 封じ込め
1 x 神聖の発動
1 x 封じ込め
1 x 黎明をもたらす者ライラ
1 x パルン、ニヴ=ミゼット
2 x 万全+番人

MTG Goldfishで紹介されていた《鏡の行進》を使ったデッキです。

《鏡の行進》の能力は強力ですが、コインを投げに勝つ必要があります。そこで《反復の学部長、ナバン》によりコインを投げる回数を増やして、コイン投げが成功する確率を高めます。


ナバンの効果はウィザードが出たときにしか誘発しないため、デッキにはウィザードが多く採用されています。しかもそれらのウィザードは《セイレーンの嵐鎮め》以外は場に出たときの効果を持っているものばかりのため、それらの効果がナバンで倍になり、さらに《鏡の行進》の効果もナバンで倍になり、《鏡の行進》からトークンが出ればナバンでさらに効果が倍になります。


《大司法官の扉》は《反復の学部長、ナバン》を守るのに使ったり、《ヴィーアシーノの紅蓮術師》や《排斥する魔道士》などの場に出たときの能力を使いまわすのに使用します。


スポンサードリンク