『ラブニカの献身』環境のマルドゥ・ミッドレンジです。


マルドゥ・《恐怖の劇場》 by Ali Aintrazi

出典:Standard Mardu Theater By Ali Aintrazi
Mardu Theater
Lands
2 x 沼
2 x 平地
1 x 聖なる鋳造所
4 x 血の墓所
4 x 竜髑髏の山頂
4 x 断崖の避難所
4 x 神なき祭殿
4 x 孤立した礼拝堂

Cleatures
3 x 徴税人
4 x リックス・マーディの歓楽者
4 x 騒乱の落とし子
2 x 秤の熾天使
2 x 黎明をもたらす者ライラ

Spells
2 x 炎鎖のアングラス
2 x 魔性
2 x 喪心
2 x ヴラスカの侮辱
3 x 屈辱
4 x ケイヤの怒り
1 x 最古再誕
4 x 恐怖の劇場

Sideboard
3 x 苦悩火
2 x 絶滅の星
2 x 肉儀場の叫び
4 x 強迫
1 x 炎鎖のアングラス
1 x 天上の赦免
2 x 聖堂の鐘憑き

大量の除去で序盤を耐えたら、《リックス・マーディの歓楽者》、《炎鎖のアングラス》、《恐怖の劇場》、《最古再誕》といったカードでアドバンテージ差を広げていくデッキとのことです。


また、遅いデッキ相手にあ2ターン目《リックス・マーディの歓楽者》や《徴税人》からの3ターン目《騒乱の落とし子》というアグレッシブなプランもあります。


メインボードについて、クリーチャーだけでなくエンチャントもアーティファクトもプレインズウォーカーも除去できるため、たいていのデッキ相手には戦えるものの、ギルド門デッキやコントロールは苦手とのことです。また、ArenaのBO1でこのデッキを使うならメインに《渇望の時》と《肉儀場の叫び》を追加しましょうとのことです。

スポンサードリンク

マルドゥ・天使 by Seth Manfield

出典:Three Ravnica Allegiance Decks I'm Playing by Seth Manfield
Mardu Angels
Lands
4 x 血の墓所
4 x 断崖の避難所
3 x 竜髑髏の山頂
4 x 神無き祭殿
4 x 孤立した礼拝堂
2 x 平地
4 x 聖なる鋳造所
1 x 沼

Creatures
4 x アダントの先兵
3 x 徴税人
2 x 真夜中の死神
4 x 輝かしい天使
3 x 正義の模範、オレリア
4 x 秤の熾天使
1 x 恩寵の天使
4 x 黎明をもたらす者ライラ

Spells
4 x べナリア史
4 x 溶岩コイル
1 x 屈辱

Sideboard
なし

TCG PlayerでSeth Manfieldが紹介していたデッキです。

前環境のボロス・天使のように、毎ターン対処が必要となる強力なカードを叩きつけていくデッキになります。

以下、記事からの抜粋&要約です。

《アダントの先兵》が優秀な2マナクリーチャーなのはわかりきったことですが、同じく2マナの《徴税人》にも大きく期待しています。コントロール相手にはこちらのターンにアクションを取る場合には1マナ重くすることができ、速いデッキ相手には「死後1」を持っているため相打ち上等のブロッカーになってくれます。


3マナの強力なカードとして、《輝かしい天使》と《べナリア史》が採用されていますが、それらに加えて2枚の《真夜中の死神》も採用されています。ドローのためにクリーチャーが死んでも「死後」で戻ってきたり、絆魂を持っているクリーチャーで失ったライフを取り返せたりと、このデッキに相性がいいカードとのことです。

《黎明をもたらす者ライラ》は伝説のクリーチャーですが、マナカーブどおりにカードを展開していき5ターン目に出せるよう4枚採用されています。《恩寵の天使》よりもライラのほうが優先度は高いそうです。


スポンサードリンク