『ラヴニカの献身』環境のエスパーコントロールです。




エスパー・コントロール By Bobby Fortanely

出典:Esper Control Deck Guide By Bobby Fortanely
Esper Control
Lands
2 x 島
4 x 水没した地下墓地
4 x 氷河の城砦
4 x 神無き祭殿
4 x 神聖なる泉
4 x 孤立した礼拝堂
4 x 湿った墓

Creatures
1 x 変遷の龍、クロミウム

Spells
2 x アズカンタの探索
4 x 思考消去
2 x 渇望の時
1 x 喪心
2 x 否認
3 x 屈辱
4 x 吸収
3 x 薬術師の眼識
3 x ヴラスカの侮辱
4 x ケイヤの怒り
1 x 予知覚
4 x ドミナリアの英雄、テフェリー

Sideboard
2 x 強迫
1 x 否認
2 x 人質取り
4 x 正気泥棒
2 x 渇望の時
1 x 疫病造り師
3 x 聖堂の鐘憑き

Channel Fireballでサイドボードガイドつきのエスパーコントロールの解説記事が掲載されていました。

以下、記事からの抜粋&要約です。

特徴的なのは基本土地が沼や平地ではなく島2枚になっている点です。これは、《吸収》と《ケイヤの怒り》のうち、色マナが出なくて撃つのが遅れたらより困るのは《吸収》のほうだという考えからです。

また、 《ケイヤの怒り》を撃ちたい相手である青単やイゼット・ドレイクを相手にしたときは、どのみち相手の《呪文貫き》を警戒して《ケイヤの怒り》は6ターン目まで待ってから撃ちます。

サイドボードについて、《正気泥棒》は生き残れば勝ちというだけでなく、青単相手に1/1の飛行クリーチャーを足止めできる点も評価しています。

《疫病造り師》は、青単やイゼット・ドレイクを相手にしたときに相手の《否認》《呪文貫き》《軽蔑的な一撃》を避けることができます。


サイドボードガイドは記事の最後に掲載されています。


また同時期にShaheen Sooraniもエスパーコントロールの記事を書いていました。
Esper Control For People Who Want To Win SCG Dallas by SHAHEEN SOORANI


Shaheen Sooraniのリストでは《薬術師の眼識》ではなく《概念の雨》を採用していました。
3ターン目に最大4枚カードを掘れるため、4ターン目の《ケイヤの怒り》や5ターン目の《ドミナリアの英雄、テフェリー》を唱えるために重要なカードとのことです。失ったライフもこのデッキなら《渇望の時》や《ヴラスカの侮辱》で取り返せます。



スポンサードリンク


エスパー・コントロール(SCGオープン4位)

出典:Esper Has Emerged as the Answer to Sultai Midrange By Josh Silvestri
Esper Control
Lands
1 x 平地
1 x 沼
4 x 水没した地下墓地
4 x 氷河の城砦
4 x 神無き祭殿
4 x 神聖なる泉
4 x 孤立した礼拝堂
4 x 湿った墓

Creatures
なし

Spells
2 x アズカンタの探索
4 x 思考消去
2 x 否認
1 x 喪心
2 x 渇望の時
4 x 吸収
3 x 屈辱
3 x 薬術師の眼識
3 x ヴラスカの侮辱
4 x ケイヤの怒り
2 x 予知覚
4 x ドミナリアの英雄、テフェリー

Sideboard
2 x 人質取り
4 x 正気泥棒
2 x 渇望の時
1 x 否認
2 x 黎明をもたらす者ライラ
2 x 肉儀場の叫び
2 x 強迫

Channel FireballでJosh Silvestriがエスパーコントロールについての記事を書いていました。

スゥルタイ・ミッドレンジなどの流行によりメタゲームが以前より遅くなることで、《思考消去》で相手の手札を破壊している時間的余裕ができ、恩恵を受けているデッキとのことです。

逆に環境が速くなって、相手のデッキが手札破壊に耐性を持つと苦しくなります。例えば《野生の律動》はクリーチャーが速攻を持つことで《ケイヤの怒り》や手札破壊呪文を回避してきます。


ちなみに、Seth Manfieldのリストは以下。クロミウムが入っています。

Shaheen Sooraniはクロミウムの代わりに《希望の夜明け》を入れているそうです。
以下の記事でRudy Brikszaもクロミウムはミラーマッチで《ケイヤの怒り》で対処できるので《希望の夜明け》をすすめています。

Finding the Best Deck in Standard

スポンサードリンク

エスパー・天使 by Shaheen Soorani

出典:Playing Control In A Red Meta by SHAHEEN SOORANI
Esper Angels
Lands
2 x 島
2 x 沼
4 x 水没した地下墓地
4 x 氷河の城砦
2 x 神無き祭殿
4 x 神聖なる泉
4 x 孤立した礼拝堂
4 x 湿った墓

Creatures
1 x 秤の熾天使
3 x 黎明をもたらす者ライラ

Spells
4 x ドミナリアの英雄、テフェリー
1 x 宝物の地図
3 x 吸収
3 x 喪心
2 x渇望の時
1 x 屈辱
2 x 否認
1 x 予知覚
3 x ヴラスカの侮辱
2 x アズカンタの探索
1 x 肉儀場の叫び
3 x 煤の儀式
4 x 思考消去

Sideboard
2 x 拘留代理人
1 x 秤の熾天使
4 x 正気泥棒
1 x 軽蔑的な一撃
1 x 否認
1 x 不敬の行進
2 x 肉儀場の叫び
2 x ケイヤの怒り
1 x 探知の塔

赤単アグロ系のデッキが『ラヴニカの献身』で強化され出現率が高いため、Shaheen Sooraniはエスパー・コントロールの構成を見直しました。

当初のリストではドビンがエスパーコントロール、赤青ドレイク、ジェスカイコントロールに有効ということで採用されていましたが、今やドビンはいなくなり《黎明をもたらす者ライラ》と《秤の熾天使》の天使に変わっています。


このデッキにおいて、《思考消去》は、天使たちを守るために使うそうです。

また、除去についても《ヴラスカの侮辱》と《屈辱》の枚数が減り、《渇望の時》2枚がメインになっています。


赤単が流行すれば《殺戮の暴君》はメインボードで見かけなくなるだろうということで、《ケイヤの怒り》がメイン不採用でサイドボードになっています。


スポンサードリンク