コントロール使いのShaheen SooraniがSCGにエスパーコントロールの記事を投稿していました。

プロが色拘束の強い《吸収》と《ケイヤの怒り》をどのように扱うのか興味深いです。

出典:Kaya's Wrath And What It Means For Control's Revival

Esper Control
Lands
1 x 島
1 x 平地
1 x 沼
4 x 水没した地下墓地
4 x 氷河の城砦
3 x 神無き祭殿
4 x 神聖なる泉
4 x 孤立した礼拝堂
4 x 湿った墓

Creatures
なし

Spells
2 x 大判事、ドビン
4 x ドミナリアの英雄、テフェリー
4 x 吸収
3 x 喪心
1 x 解任+開展
2 x 屈辱
1 x 否認
2 x 予知覚
4 x ヴラスカの侮辱
2 x アズカンタの探索
4 x ケイヤの怒り
1 x 概念の雨
4 x 思考消去

Sideboard
2 x 拘留代理人
4 x 正気泥棒
1 x 天上の赦免
1 x 渇望の時
2 x 否認
2 x 黎明をもたらす者ライラ
1 x 不敬の行進
2 x 肉儀場の叫び


以下、記事からの抜粋&要約です。

《ケイヤの怒り》について、『ラヴニカのギルド』環境でジェスカイ・コントロールが《パルン、ニヴ=ミゼット》を6ターン目に出せているし、色拘束が強いですが4ターン目に唱えることができます。


4ターン目に撃てるので、4ターン目《ケイヤの怒り》、5ターン目テフェリーと繋げることもできるようになりました。

3ターン目に青青白の《吸収》を撃てるようにするため「島」を1枚入れていますが、アグロ相手に3ターン目までに島を置いてしまうと、4ターン目に《ケイヤの怒り》を撃てないことが分かってしまい、全力で展開されてしまいます。

ただ、この記事のコメント欄を読んでいくと、《思考消去》とか《喪心》といった軽いカードで序盤の脅威を取り除けるから、4ターン目に撃てなくても大丈夫みたいなことが書いてありました。

《吸収》について、《悪意ある妨害》は諜報により4枚目の土地を探しに行けたりできるため、コントロールにとっては3点のライフ回復よりそちらのほうが強力ですが、ショックランドを多用しているため3点のライフ回復に重きをおいて《吸収》を採用しています。


《大判事、ドビン》について、-1能力で自分を守りつつライフ回復でき、他にもデッキにドビンを守るカードが入っているため、コントロールデッキにこそ適しているとのことです。


《予知覚》はメインで唱えたときの占術3が強いため採用されています。ただし、占術3よりもコントロールしきることのほうが大事なため、カウンターを構えるべきところではちゃんとカウンターを構えていましょうとのことです。

《恩寵の天使》は、このタイプ(メインにフルタップで除去を連発する系でなく、カウンターや除去を構えるタイプ。)のコントロールには合わないとのことです。(詳細な理由は書いてありませんでした。)


エスパー・コントロールに関する記事は他には晴れる屋の記事があります。
迫る新環境!エスパーコントロールの可能性 by Christian Calcano

また、このデッキには採用されていませんが、《消耗》は《殺戮の暴君》に対して有効なカードかと思います。


スポンサードリンク