『ラヴニカのギルド』環境の、アブザンカラーの《殺戮の暴君》に《セラからの翼》をつけてぶん殴るデッキです。



アブザン・セラからの翼

出典:The Decks I'm Playing Right Now By Adrian Sullivan
Abzan Queen
Lands
1 x 平地
1 x 沼
4 x 森
2 x 陽花弁の木立ち
3 x 孤立した礼拝堂
3 x 森林の墓地
4 x 草むした墓
4 x 寺院の庭

Cleatures
4 x ラノワールのエルフ
4 x 僧帽地帯のドルイド
4 x エルフの再生者
1 x 打ち壊すブロントドン
2 x 地底王国のリッチ
4 x 殺戮の暴君

Spells
2 x ウルザの後継、カーン
1 x ゴルガリの女王、ヴラスカ
2 x 秘宝探究者、ヴラスカ
3 x ビビアン・リード
1 x 残骸の漂着
1 x ヴラスカの侮辱
3 x セラからの翼
4 x 宝物の地図

Sideboard
なし

ジェスカイ・コントロールでグランプリを優勝したAdrian Sullivanが最近調整中のデッキとのことです。
アリーナのサイドボードなしの1本勝負用のデッキのためサイドボードがありません。

ゴルガリのプレインズ・ウォーカーコントロールかと思わせておいて、呪禁持ちの《殺戮の暴君》か、破壊不能がつく《地底王国のリッチ》に《セラからの翼》をつけてぶん殴るデッキのようです。


同型対決に近いゴルガリ相手には、マナ加速して相手よりも先にPWを出して奥義を決めたり暴君を出すとのことです。
プレインズウォーカーを守るためには《宝物の地図》から出したマナを使います。

デッキは微調整中で、緑マナが出る土地をもう1枚と、《打ち壊すブロントドン》1枚を追加したいそうです。

なお、記事中にはジェスカイ・コントロールの最新版のリストも掲載されています。


スポンサードリンク