『ラヴニカのギルド』環境の青黒コントロールです。

青黒コントロール

出典:Droppin' Baums - Demoralizing Campaign by Corey Baumeister
UB Control
Lands
8 x 島
9 x 沼
4 x 水没した地下墓地
4 x 湿った墓

Creatures
2 x 夢喰い

Spells
1 x 一瞬
2 x 喪心
4 x 発見+発散
3 x 虚報活動
2 x 渇望の時
3 x 煤の儀式
2 x アズカンタの探索
3 x 悪意ある妨害
2 x 中略
4 x 最古再誕
4 x 思考消去
3 x ヴラスカの侮辱
Sideboard
2 x 喪心
1 x 虚報活動
4 x 強迫
1 x 菌類感染
3 x 黄金の死
4 x 正気泥棒


《実験の狂乱》を使ってくる白単(白赤)アグロと赤単アグロが苦手だけれども、ゴルガリとジェスカイに対しては強いデッキとのことです。また、赤青ドレイクも楽に戦える相手ではないとのことです。
以下、記事中の動画からの抜粋&要約です。

《アズカンタの探索》について、同じく2マナの《アゾールの門口》や《宝物の地図》ではなく《アズカンタの探索》を採用しているのは、このデッキはマナ加速は必要としておらず、そのときに必要なスペルを探してこれることを優先して採用しています。

《一瞬》は《実験の狂乱》などのパーマネント対策です。

《渇望の時》は《アダントの先兵》対策が《ヴラスカの侮辱》3枚では十分ではないため採用しています。

《最古再誕》は《パルン、ニヴ=ミゼット》や《ドミナリアの英雄、テフェリー》への対策として4枚採用されていますが、白単ウィニーのようなトークンを並べてくるデッキに対してはあまり強くないカードです。

4枚の《思考消去》に加えて、《虚報活動》で相手の手札を破壊します。
jp_psUFnfdoTY

《発見+発散》について、《発見》は序盤の土地事故を回避してくれるだけでなく、《虚報活動》とのコンボになります。また、《発散》は《リッチの熟達》デッキに対処できたりします。


記事中には一部のデッキに対してサイドボードガイドも掲載されています。

スポンサードリンク