『ラヴニカのギルド』環境の黒単です。



黒単・ニヴ=ミゼット(改良版) by Ali Aintrazi

出典:Updating Chromatic Black By Ali Aintrazi
Chromatic Black
Lands
22 x 沼
3 x 陰謀団の要塞

Creatures
1 x 破滅を囁くもの
1 x 悪魔王ベルゼンロック
1 x リッチの騎士、ジョス・ヴェス
2 x パルン、ニヴ=ミゼット

Spells
4 x ウルザの後継、カーン
2 x 喪心
3 x ヴラスカの侮辱
2 x 黄金の死
2 x 煤の儀式
4 x 首謀者の収得
3 x 最古再誕
2 x 魔学コンパス
4 x 宝物の地図
4 x 彩色の灯篭
Sideboard
1 x 苦悩火
4 x 強迫
1 x アルゲールの断血
2 x 渇望の時
1 x 鮮血の秘儀
1 x 黄金の死
1 x ヴラスカの侮辱
1 x 浄化の輝き
1 x 最古再誕
1 x 溢れ出る洞察
1 x 原初の災厄、ザカマ


黒単なのに《彩色の灯篭》から《パルン、ニヴ=ミゼット》とかでてきちゃうデッキの改良版がアップされていました。


序盤を除去で耐えつつマナ加速して、《陰謀団の要塞》からの大量の黒マナ+《彩色の灯篭》による必要な色マナを使い、Ali Aintraziが大好きな《首謀者の収得》からサイドボードの必要なカードを持ってきてやりたい放題するデッキです。

以前のデッキリストから《悪魔王、ベルゼンロック》を1枚減らして、《破滅を囁くもの》を1枚追加しています。この枠は《原初の死、テジマク》にしたり、《破滅を囁くもの》を増やしたり、自分の好みで柔軟に調整しましょうとのことです。

黒単で《薬術師の眼識》が入っていないようなデッキのため、マナ加速も兼ねたドローソースとして《魔学コンパス》と《宝物の地図》が採用されています。

メインに2枚入っている《パルン、ニヴ=ミゼット》は、コントロールやアグロデッキ相手のフィニッシャーになるために、《彩色の灯篭》がないと唱えることができないけれども2枚採用されています。
あまりインスタントやソーサリーを唱えてこず、《ビビアン・リード》で瞬殺してくるゴルガリに対しては相性が悪いカードになります。

スポンサードリンク

黒単・ニヴ=ミゼット by Ali Aintrazi

出典:Building Chromatic Black By Ali Aintrazi
Chromatic Black
Lands
24 x 沼
3 x 陰謀団の要塞

Creatures
2 x 悪魔王ベルゼンロック
2 x パルン、ニヴ=ミゼット

Spells
4 x ウルザの後継、カーン
2 x 喪心
2 x ヴラスカの侮辱
1 x 黄金の死
2 x 発見+発散
3 x 首謀者の収得
3 x 煤の儀式
1 x ファイレクシア教典
4 x 最古再誕
3 x 宝物の地図
4 x 彩色の灯篭
Sideboard
1 x 苦悩火
4 x 強迫
1 x アルゲールの断血
1 x ヴラスカの侮辱
2 x 渇望の時
3 x 戦慄の影
1 x 溢れ出る洞察
1 x 原初の災厄、ザカマ
1 x 全知


《リッチの熟達》コントロールでお馴染みのAli先生の新作デッキ。

《彩色の灯籠》を4枚入れているので、黒単コントロールなのに《パルン、ニヴ=ミゼット》をタッチしています。
ニヴ=ミゼットのおかげで勝てた試合もあり、 《彩色の灯籠》によるマナ加速からのニヴ=ミゼットは強力とのことです。


サイドボードもカラフルで、《陰謀団の要塞》から大量のマナがでるようになったころにAliのデッキではお馴染みの《首謀者の収得》からフィニッシャーを持ってきます。

このデッキ、試して見たら意外と強くて驚くよ、とのことです。

スポンサードリンク