『ラヴニカのギルド』環境のエスパー・コントロールです。



エスパー・コントロール by Corey Baumeister

出典:Droppin' Baums - Teferi Reborn (Esper Control) by Corey Baumeister
Esper Control
Lands
4 x 水没した地下墓地
3 x 進化する未開地
4 x 氷河の城砦
2 x 島
4 x 孤立した礼拝堂
3 x 平地
2 x 沼
4 x 湿った墓

Creatures
2 x 黎明をもたらす者ライラ

Spells
4 x ドミナリアの英雄、テフェリー
1 x 一瞬
2 x 喪心
2 x 薬術師の眼識
2 x 虚報活動
3 x 黄金の死
1 x イクサランの束縛
3 x 渇望の時
1 x 否認
1 x アズカンタの探索
4 x 悪意ある妨害
2 x 最古再誕
3 x 思考消去
3 x ヴラスカの侮辱
Sideboard
3 x 血の刺客
1 x 喪心
1 x 浄化の輝き
1 x 軽蔑的な一撃
2 x 強迫
1 x イクサランの束縛
1 x 否認
1 x 最古再誕
3 x 正気泥棒
1 x 思考消去


中村修平プロが使っていたエスパーコントロールについて、Corey Baumeisterがサイドボードガイドを書いていました。

マナ基盤がジェスカイに比べて弱いため、《進化する未開地》を採用しています。

ジェスカイ・コントロールが環境最強だと考えており、このデッキは手札破壊、カウンター、《最古再誕》、テフェリーといったカードでジェスカイ・コントロールを倒すことを意識しているデッキとのことです。

《黄金の死》は有効なデッキが少ないカードですが、このデッキはボロス・アグロが苦手なため多めに採用しているようです。

記事の最後にはサイドボードガイドが掲載されています。

スポンサードリンク


エスパー・コントロール by Shaheen Soorani

出典:Beating The Top 10 Standard Decks With Control by SHAHEEN SOORANI
Esper Control
Lands
5 x 島
1 x 平地
4 x 沼
1 x 探知の塔
4 x 水没した地下墓地
4 x 氷河の城砦
4 x 孤立した礼拝堂
4 x 湿った墓

Creatures
なし

Spells
4 x ドミナリアの英雄、テフェリー
1 x 最古再誕
3 x 喪心
1 x 菌類感染
1 x 渇望の時
2 x 否認
4 x 悪意ある妨害
3 x ヴラスカの侮辱
2 x アズカンタの探索
1 x 発見+発散
3 x 黄金の儀式
2 x 概念の雨
3 x 煤の儀式
4 x 思考消去
Sideboard
4 x 正気泥棒
1 x 最古再誕
2 x 軽蔑的な一撃
2 x 神聖の発動
1 x 渇望の時
1 x 否認
2 x 黎明をもたらす者、ライラ
1 x 不敬の行進
1 x 黄金の死


Shaheen Sooraniによるエスパー・コントロールの他のデッキに対する相性解説記事です。

「赤白アグロは強いデッキだけれど、コントロールにとって、ちょっとデッキを変えれば苦戦するような相手ではない」とのこと。

《煤の儀式》と《黄金の死》について、プロツアー時点ではメインデッキに2枚づつだったけれど、それだと足りないので《煤の儀式》が3枚になっています。

各デッキとの相性は以下のとおりとのことです。
・赤白天使と赤青ドレイクに対してはとても相性が良い。ドレイクは《思考消去》で抜いてしまう。

・白単アグロ、赤白アグロ、赤白トークン、青単に対しては相性がよい。クリーチャーに殴られても我慢して、全体に《軍団の上陸》の反転、《英雄的援軍》、《実験の狂乱》は通さない。


・ゴルガリ・ミッドレンジ、セレズニア・トークン、ジェスカイ・コントロールに対しては互角。デッキの構成による。
・赤単アグロは相性が悪い。《実験の狂乱》はサイドボードの《神聖の発動》で対処できるが、《危険因子》連発がきつい。

スポンサードリンク


エスパー・コントロール by Jonathan Rosum

出典:Esper Control with Jonathan Rosum
※上記ページに貼られているデッキ解説動画へのリンクが切れていたのですが、以下の動画の7時間18分くらいから見ることができます。
Day 1 Team Constructed #SCGCOL

Esper Control by Jonathan Rosum
Lands
4 x 島
1 x 平地
4 x 沼
4 x 水没した地下墓地
2 x 廃墟の地
4 x 氷河の城砦
4 x 孤立した礼拝堂
4 x 湿った墓

Creatures
1 x 変遷の龍、クロミウム

Spells
4 x ドミナリアの英雄、テフェリー
3 x 喪心
4 x 薬術師の眼識
1 x 軽蔑的な一撃
2 x 本質の散乱
3 x 渇望の時
4 x 悪意ある妨害
3 x 中略
3 x ヴラスカの侮辱
2 x アズカンタの探索
3 x 煤の儀式
Sideboard
1 x 最古再誕
2 x 軽蔑的な一撃
2 x 菌類感染
2 x 神聖の発動
1 x 渇望の時
1 x 否認
2 x マガーンの鏖殺者、ヴォーナ
1 x 不敬の行進
3 x 強迫


SCGチームオープン・コロンバスで7位だったデッキです。

マナ基盤的には青白コントロールや、赤青と赤白のショックランド2種類が使えるジェスカイ・コントロールのほうが安定しているけれど、ライフ回復が欲しいので黒を足してエスパーにしたとのことです。

全体除去については、《残骸の漂着》や《浄化の輝き》ではなく《煤の儀式》を採用していますが、赤単やボロスのほとんどのカードを破壊できるため《残骸の漂着》よりも優れているとのことでした。
jp_qpF7gzTnIL

サイドボードについて、《黎明をもたらす者、ライラ》ではなく《マガーンの鏖殺者、ヴォーナ》が採用されていますが、マナコストが白と黒それぞれシングルシンボルという点が評価されています。
jp_s5gSLJdQiN

以下の記事にもエスパーコントロールについて記載があります。
今週末、スタンダードで勝ちたいあなたへ

スポンサードリンク