『ラブニカのギルド』環境のジェスカイ・コントロールです。


ジェスカイ・コントロール

出典:Could Expansion // Explosion Be the Next Sphinx’s Revelation? By Eric Froehlich

Jeskai Control by LimitedPower
Lands
4 x 氷河の城砦
5 x 島
4 x 曲がりくねる川
3 x 平地
3 x 聖なる鋳造所
4 x 蒸気孔
4 x 硫黄の滝

Creatures
なし

Spells
4 xドミナリアの英雄、テフェリー
4 x 轟音のクラリオン
3 x 薬術師の眼識
4 x 発展+発散
3 x 残骸の漂着
4 x 悪意ある妨害
3 x 中略
4 x アゾールの門口
4 x 封じ込め

Sideboard
1 x 苦悩火
2 x 浄化の輝き
2 x 本質の散乱
4 x べナリア史
3 x 黎明をもたらす者、ライラ
1 x 否認
2 x アズカンタの探索

10/6のMOPTQでスイスラウンド9-0、最終成績3位だったリストです。

《発展+発散》が4枚も入っているのかと思いながらリストを読んでいくと《アゾールの門口》も4枚入っています。

《アゾールの門口》が反転した《太陽の聖域》(タップで自分のライフ総量分の好きな色のマナを加える)から 大量にマナを出し、《発散》で大量ダメージ&ドローします。

ライフが1桁になっていても、《太陽の聖域》で数マナ出るだけで十分強いという考え方のようです。
《ドミナリアの英雄、テフェリー》の土地アンタップ誘発に対応して《太陽の聖域》からマナを出し、アンタップした《太陽の聖域》からさらにマナを出せば大ダメージを与える&大量ドローすることができます。


デッキのマナベースについて解説している以下の記事で、このデッキについても触れていました。
How Do the Mana Bases of Top Standard Decks Measure Up? By Frank Karsten

以下、記事からの抜粋&要約です。
・サイドボードの《べナリア史》をマナカーブどおりに出すには白マナ源が18枚必要だが14枚しか入っていない。
サイドボードのカードなので少しくらい不足していても気にしないが、メインデッキに《残骸の漂着》が入っているので白マナ源は16枚必要。

・《悪意ある妨害》のために青マナ源は18枚必要だが、このデッキでは21枚入っている。島を数枚、平地に変更すべき。

・《轟音のクラリオン》を3ターン目に唱えるためには、赤12、白12、赤白どちらか出るのが合計19必要だが、赤11、白14、どちらか出るのが22枚のため、赤マナを加えるのがよい。

以上をふまえて、《曲がりくねる川》1枚、《硫黄の滝》1枚、島1枚を《聖なる鋳造所》1枚、《断崖の避難所》1枚、《平地》1枚に変えるとよいそうです。

また、青青を要求する《悪意ある妨害》は《本質の散乱》や《イオン火》に変えて、サイドボードの《べナリア史》もやめるか検討の余地があるとのことです。

Todd Andersonはサイドに《べナリア史》ではなく《軍勢の戦親分》を入れていました。

また、このリストをShaheen Sooraniがカスタマイズしていました。
以下の記事の下のほうにリストがあります。
Why Am I Not Playing Esper? by SHAHEEN SOORANI

スポンサードリンク

ジェスカイ・バーン

YouTubeで配信していたやつです。配信へのリンクはこちら

以下のツイートのデッキリストへのリンクは最初はデッキリストのページに飛んだのですが、今はリンク切れになっていました。

Jeskai Burn
Lands
3 x 断崖の避難所
2 x 廃墟の地
3 x 氷河の城砦
3 x 島
2 x 山
3 x 平地
3 x 聖なる鋳造所
3 x 蒸気孔
3 x 硫黄の滝

Creatures
なし

Spells
3 x ショック
2 x 本質の散乱
1 x 否認
2 x アズカンタの探索
3 x 裁きの一撃
1 x 宝物の地図
4 x 危険因子
4 x イオン化
3 x 轟音のクラリオン
3 x イクサランの束縛
2 x 残骸の漂着
2 x 薬術師の眼識
2 x ウルザの後継、カーン
3 xドミナリアの英雄、テフェリー
1 x 苦悩火

Sideboard
2 x 歩哨のトーテム像
2 x 軽蔑的な一撃
1 x 本質の散乱
2 x 否認
2 x ゴブリンのクレーター掘り
1 x 魔術遠眼鏡
2 x 豊潤の声、シャライ
1 x 黎明をもたらす者、ライラ
2 x 運命のきずな

赤青バーンに白を足すことで、海賊以外の全体2点の《焦熱の連続砲撃》ではなく、全体3点の《轟音のクラリオン》を採用できたり、最強カードの《ドミナリアの英雄、テフェリー》を採用できたり、《残骸の漂着》が採用できるところが魅力的です。

配信をみていましたが、同じく《危険因子》が入った赤単に先に焼き切られていましたが、サイド後はシャライやライラで巻き返せそうです。

サイドボードの《運命のきずな》は、対コントロールでサイドインするそうです。

スポンサードリンク