Channel FireballでJosh Solvestriが新デッキを5つ掲載していました。

5 More Brews for Guilds of Ravnica Standard By Josh Silvestri

記事中では、ジョス・ヴェス入りの黒緑ミッドレンジ、4色ランプ、《秋の騎士》入りアブザン・騎士、ジェスカイ・コントロール、ターボ・フォグを掲載しています。

Four-Color Ramp
Lands
3 x 森
1 x 島
3 x 平地
1 x 沼
1 x 山
4 x 寺院の庭
4 x 草むした墓
2 x 森林の墓地
4 x 進化する未開地
1 x ゴルガリのギルド門
1 x イゼットのギルド門
1 x セレズニアのギルド門

Cleatures
2 x 殺戮の暴君
2 x 原初の災厄、ザカマ

Spells
3 x 宝物の地図
2 x 魔学コンパス
4 x ドミナリアの英雄、テフェリー
1 x イゼット副長、ラル
4 x 迂回路
4 x 楽園からの贈り物
4 x 暗殺者の戦利品
2 x 封じ込め
4 x 残骸の漂着
2 x 浄化の輝き

Sideboard
2 x 喪心
2 x 殺戮の暴君
2 x アルゲールの断血
2 x 秘法探究者、ヴラスカ
3 x 否認
4 x 黎明をもたらす者、ライラ

《暗殺者の戦利品》は対応できる範囲が広いのと、序盤を生き延びるための軽量除去になるということで、このためだけに黒タッチする価値があるとのことです。

《アズカンタの探索》については序盤に青マナを出せないので不採用にし、《削剥》もいなくなったことだし《宝物の地図》を採用しています。

こちらが序盤からプレッシャーをかけるデッキではないため、3ターン目から大物を展開してくるようなデッキに対しては(時間を与えてしまうため)1ゲーム目は不利で、サイド後はライラを最速4ターン目に出すことで有利に戦えるとのことでした。

スポンサードリンク