『基本セット2019』環境の緑単色アグロです。

jp_jwLQZAIvDi


『基本セット2019』環境のデッキまとめページはこちら

緑単アグロ(タッチ青) By Bobby Fortanely

出典:Flying Over the Competition with Green-Blue Stompy By Bobby Fortanely

デッキリスト

Stompy By Bobby Fortanely
Lands
11 x 森
4 x 植物の聖域
1 x ハシェプのオアシス
4 x 内陸の湾港
2 x 霊気拠点

Creatures
4 x ラノワールのエルフ
3 x 緑地帯の暴れ者
4 x 導路の召使い
2 x 茨の副官
4 x 鉄葉のチャンピオン
3 x 不屈の神、ロナス
4 x 蔦草牝馬
4 x 新緑の機械巨人

Spells
2 x 暗記+記憶
2 x キランの真意号
3 x 知識のカルトーシュ
3 x 冒険の衝動
Sideboard
3 x 霊気圏の収集艇
2 x 魔術遠眼鏡
2 x 打ち壊すブロントドン
2 x ビビアン・リード
4 x 否認
2 x 顕在的防御

解説

PTQを突破した緑単アグロについてChannel Fireballに解説記事が掲載されていました。

《蔦草牝馬》に《知識のカルトーシュ》をつけて殴るデッキです。
jp_RDpchnWRZf

以下、記事からの抜粋&要約。

以下の基準のどれかを満たしていない初手だった場合、マリガンするとのことです。
・《鉄葉のチャンピオン》か《不屈の神ロナス》がいること。
・2マナクリーチャー+《新緑の機械巨人》がいること。
・《冒険の衝動》2枚。
また、土地が5枚あったら先手で《ラノワールのエルフ》と《鉄葉のチャンピオン》があってもマリガンするとのことです。マリガンはアグレッシブにしましょうとのことです。

《原初の飢え、ガルタ》が1枚も採用されていないのは、ターボ・フォグに対して意味がないこと、コントロールの打ち消しや除去に弱いこと、自分が押している盤面でないと唱えるのが難しいことが理由です。ガルタが入っていないのでお財布にも優しいとのこと。

《顕在的防御》も不採用で、《新緑の機械巨人》がいれば特定のクリーチャーを守る必要はないのと、《顕在的防御》を構えるマナを残す余裕がないのが理由とのことです。

《知識のカルトーシュ》は《蔦草牝馬》につけるだけでなく、赤黒相手には《鉄葉のチャンピオン》や《緑地帯の暴れ者》につけてタフネスを5にしてやると、相手は対処手段が限られてしまいます。

2枚採用されている《茨の副官》は赤黒相手にもうちょっと2マナクリーチャーが欲しいということで採用されています。

記事後半にはサイドボードガイドも掲載されています。

サイドボードの《霊気圏の収集艇》は赤黒アグロ相手に採用していましたが、PTQの中で赤黒相手には不要ということを発見したようで、違うカードに変更したほうがよいとのことです。

スポンサードリンク


緑単アグロ(タッチ黒) By Zvi Mowshowitz

出典:Impulsive Stompy By Zvi Mowshowitz

デッキリスト

Stompy By Zvi Mowshowitz
Lands
12 x 森
3 x 花盛りの湿地
3 x ハシェプのオアシス
4 x 森林の墓地

Creatures
4 x ラノワールのエルフ
4 x 屑鉄場のたかり屋
2 x 導路の召使い
3 x 不屈の神、ロナス
4 x 鉄葉のチャンピオン
4 x 打ち壊すブロントドン
3 x 新緑の機械巨人
4 x 原初の飢え、ガルタ

Spells
3 x 冒険の衝動
4 x 顕在的防御
3 x キランの真意号
Sideboard
1 x うろつく蛇豹
4 x 蔦草牝馬
2 x 殺戮の暴君
2 x 自然の流儀
2 x 栄光の刻
2 x 霊気圏の収集艇
1 x 生命の力、ニッサ
1 x ビビアン・リード

解説

Channel FireballでZvi Mowshowitzがプロツアーの反省記事を書いていました。

上記は反省点を踏まえた改良版のリストです。黒は《屑鉄場のたかり屋》とサイドボードの《栄光の刻》のためだけに入っており、《強迫》も入っていません。

以下、記事の抜粋&要約。

《原初の飢え、ガルタ》はこのデッキの全てなので4枚採用しています。

また、《新緑の機械巨人》はガルタなしでも大型クリーチャーを生み出すために入っており、5マナと重たいカードですが《冒険の衝動》があることで枚数を3枚に減らすことができています。

プロツアーのリストではサイドボードに《霊気貯蔵器》対策で《刻み角》が3枚入っていましたが、《打ち壊すブロントドン》や(《バラルの巧技》対策の)顕在的防御、《蔦草牝馬》があるため、過剰反応でサイドボードのスロットを3枚無駄にしたとのことでした。そのためにプレインズウォーカーや《殺戮の暴君》(《蔦草牝馬》に+1/+1カウンターを乗せればいいと考えた)を不採用にしてしまっていました。

《森林の墓地》と《花盛りの湿地》について、プロツアーでは前者が3枚で後者が4枚でしたが、改良版のリストでは枚数が逆になっています。コントロール相手に《屑鉄場のたかり屋》を戻すのは重要と言っているので、後半に黒マナをようやく引いた時にアンタップインしてくれる《森林の墓地》のほうを重要視のだと思われます。

《導路の召使い》の3枚目か《不屈の神ロナス》の3枚目か《冒険の衝動》の4枚目かの選択で、黒い呪文を唱えないのであれば《不屈の神ロナス》を採用すべきとのことです。このデッキでは《不屈の神ロナス》を3枚にすることを選んでいますが、相手の《不屈の神》対策としてしかなたく《栄光の刻》も採用しています。

ただ、《運命のきずな》デッキを対策したいなら《導路の召使い》を3枚にして、《強迫》を入れたほうがよいそうです。

元記事の後半には、トップメタのデッキとの対戦ガイドが記載されています。

スポンサードリンク


緑単アグロ(タッチ黒)by Andrew Jessup

出典:Mono-Green Aggro with Andrew Jessup

デッキリスト

Mono-Green Aggro by Andrew Jessup
Lands
12 x 森
4 x 花盛りの湿地
4 x ハシェプのオアシス
4 x 森林の墓地

Creatures
3 x 緑地帯の暴れ者
4 x ラノワールのエルフ
4 x 屑鉄場のたかり屋
4 x 茨の副官
4 x 鉄葉のチャンピオン
3 x 打ち壊すブロントドン
3 x 不屈の神、ロナス
3 x 原初の飢え、ガルタ

Spells
4 x 顕在的防御
3 x キランの真意号
1 x 領事の旗艦、スカイソブリン
Sideboard
1 x 霊気圏の収集艇
1 x 緑地帯の暴れ者
1 x 打ち壊すブロントドン
4 x 蔦草牝馬
2 x 栄光の刻
2 x 生命の力、ニッサ
2 x ビビアン・リード
2 x 強迫

解説

Andrew Jessupが7/14開催のSCG Openで使用していたデッキで、デッキテクで紹介されていました。

また、大会に先だってSCGでデッキ解説記事も投稿しています。
Starting New Standard Off Correctly by ANDREW JESSUP

赤単アグロに対してはサイズが大きく火力の射程外にいることから有利で、黒い除去を大量に撃ってくるようなデッキには不利だったけれど《蔦草牝馬》により相性が改善しているとのことです。

また、《茨の副官》もこのデッキを許可してくれており、2マナ2/3というスペックにより序盤の軽量クリーチャーを足止めできて、ゲーム後半にも+4/+4修正で活躍します。
jp_MWzMqPbBAA

《死の男爵》がゾンビ全員に接死をつけてくるゾンビデッキはきついようで、「ゾンビデッキへの対策を思いつくか、ゾンビデッキへの対処はあきらめるかしたら、7/14のSCGオープンでこのデッキを使わない選択肢はないね」とのことです。

スポンサードリンク