『基本セット2019』環境の《運命のきずな》入りコントロールデッキです。

Nexus_of_Fate_JP


『基本セット2019』環境のデッキまとめページはこちら。



エスパー・《運命のきずな》 by Ali Aintrazi

出典:Ravager of the Nexus by Ali Aintrazi

デッキリスト

Esper Nexus by Ali Aintrazi
Lands
1 x 島
2 x 沼
1 x 平地
1 x 廃墟の地
2 x 霊気拠点
4 x 水没した地下墓地
4 x 異臭の池
4 x 氷河の城砦
4 x 灌漑農地
4 x 孤立した礼拝堂

Creatures
1 x 変遷の龍、クロミウム

Spells
4 xドミナリアの英雄、テフェリー
1 x 一瞬
1 x 暗記+記憶
1 x 本質の散乱
1 x 残骸の漂着
2 x 喪心
3 x 不許可
4 x 致命的な一押し
4 x 天才の片鱗
4 x 運命のきずな
4 x ヴラスカの侮辱
1 x 燻蒸
2 x アズカンタの探索

Sideboard
1 x 菌類感染
3 x 本質の摘出
1 x 俗物の放棄
1 x ジェイスの敗北
2 x 否認
1 x 最古再誕
1 x 神秘の考古学者
3 x 強迫
1 x アルゲールの断血
1 x 奔流の機械巨人


解説

《運命のきずな》デッキの調整を続けているAli AIntraziが最新のリストを公開していました。

以下、記事からの抜粋&要約。

デッキのゴールはテフェリーの奥義で、奥義に早く近くために《運命のきずな》を使います。

土地が5マナしかない状況でも、終了ステップの開始時にテフェリーの能力誘発に対応して土地を2枚タップして2マナを出しておけば合計7マナになって《運命のきずな》を唱えることができます。

《運命のきずな》がないときは、《水没遺跡、アズカンタ》をメインフェイズに起動して、テフェリーの能力でアズカンタをアンタップしてもう1回起動して探しに行きます。

青白ではなくエスパーにしているのは、赤単に対して青白だと回答が少なく、《致命的な一押し》などをとれる黒を足したとのことです。

メインデッキに《奔流の機械巨人》ではなく《変遷の龍、クロミウム》を採用しているのは、相手の除去や《本質の散乱》が腐らずに効いてしまうのが嫌だからとのことです。

また、クロミウムはパワー7あるため3回殴れば相手のライフ20点を削れるため、《運命のきずな》の追加ターンの間に殴りきるというところで、《運命のきずな》とより相性がよいカードでもあります。

全体除去が《残骸の漂着》と《燻蒸》で散っているのは相手を撹乱するためで、1回でも《残骸の漂着》をみせておけば相手が警戒して全員で攻撃してこず、《天才の片鱗》を撃つ時間を稼げることがあるためです。

スポンサードリンク

ターボ・《運命のきずな》 by Ali Aintrazi

出典:Ravager of the Nexus by Ali Aintrazi

デッキリスト

Turbo Nexus by Ali Aintrazi
Lands
1 x 島
2 x 森
2 x 平地
1 x オラーズカの拱門
1 x ハシェプのオアシス
1 x 屍肉あさりの地
1 x シェフェトの砂丘
2 x 不屈の砂漠
3 x 植物の聖域
3 x 陽花弁の木立ち
4 x イプヌの細流
4 x 灌漑農地

Creatures
なし

Spells
4 xドミナリアの英雄、テフェリー
3 x 残骸の漂着
4 x 運命のきずな
2 x 燻蒸
4 x 約束の時
4 x 開拓+精神
2 x 排斥
2 x アズカンタの探索
3 x 楽園の贈り物
4 x 封じ込め
3 x 魔学コンパス

Sideboard
2 x 俗物の放棄
4 x 否認
4 x レオニンの戦導者
2 x 副陽の接近
3 x 威厳あるカラカル


解説

発売前から《運命のきずな》デッキを構築していたAli Aintraziですが、最新作がGatheringmagic.comに掲載されました。

以下、記事からの抜粋&要約です。

このデッキは《ドミナリアの英雄、テフェリー》の奥義とライブラリーアウトで勝つ青白コントロールと同じですが、《副陽の接近》を入れて追加の勝ち手段を用意するのではなく、《運命のきずな》を入れています。

コントロールデッキ相手には、《約束の刻》のゾンビトークンもしくは《イプヌの細流》によるビートダウンで勝ちます。

なお、《イプヌの細流》はゲーム終盤に《運命のきずな》だけが欲しいときは自分に使うことで、《運命のきずな》以外の不要カードを墓地に落とすことができます。

アグロデッキ相手には、除去が盛りだくさんのため対応します。サイドボード後には《威厳あるカラカル》だけでなく、タフネスが4あって猫なのでカラカルで絆魂もつく《レオニンの戦導者》も活躍します。
jp_l2ZBts4yYr
《レオニンの戦導者》は、コントロール相手にも相手が除去を減らしてくる場合には有効なカードとなります。

緑単のようなミッドレンジ相手にはサイドボードから《副陽の接近》を投入します。

スポンサードリンク