平平MTG日記

フライデーで週1回遊ぶ程度のサラリーマンのMTG日記です。

ネットで見つけた赤単のリストと解説の概要を紹介しています。詳細は元記事をご参照ください。

イクサラン環境のスタンダードデッキまとめはこちら

続きを読む

Channel FireballでPaulo Vitor Damo da Rosaが書いていた記事(【記事感想】プレイの仕方。スタンダードでよくある状況5つ。)が分かりやすい基本パターンであったのに対して、Reid Dukeが不透明な状況での考え方について記事にしていました。

Planning for the Worst (and: an Answer to a Temur Keep/Mull From Last Week) By Reid Duke

続きを読む

グリクシス・アミュレット(《原初の呪物》)で平日大会(スタンダードショーダウン)に参加してきました。

使用デッキ

Lands
2 x 泥濘の峡谷
2 x 竜髑髏の山頂
3 x 水没した地下墓地
1 x 異臭の池
6 x 島
4 x 山
4 x 尖塔断の運河
4 x 霊気拠点

Spells
3 x 原初の呪物
2 x 霰炎の責め苦
2 x 木端+微塵
2 x 削剥
3 x 蓄霊稲妻
1 x 徙家+忘妻
1 x 稲妻の一撃
3 x 破滅の刻
2 x ヴラスカの侮辱
3 x 天才の片鱗
2 x ヒエログリフの輝き
3 x 選択
2 x 至高の意思
1 x 不許可
1 x 本質の散乱
1 x 絶滅の星
1 x 機械医学的召喚
1 x アズカンタの探索
Sideboard
4 x 強迫
1 x 削剥
2 x チャンドラの敗北
1 x 焦熱の連続砲撃
2 x 否認
2 x ジェイスの敗北
1 x 蝗の神
1 x 王神、ニコル・ボーラス
1 x 失われた遺産

《逆毛ハイドラ》が育つと手に負えないため、今までメインに1枚入れていた《慮外な押収》を《絶滅の星》に変えてみました。
また、エンチャントに触れなかったので《蓄霊稲妻》1枚を《徙家+忘妻》に変えました。

スポンサードリンク


戦績

1回戦 vs ティムール・エネルギー ×○○
1本目:軽量除去をあまり引けず、あっさり殴り殺される。4ターン目に出した《原初の呪物》は《削剥》で破壊される。このデッキはローグデッキなのに《王神の贈り物》や《マルドゥ機体》の巻き添えでメインから《削剥》でメタられており、ローグデッキであることを活かせていないことに気づく。

2本目:エネルギーが大量に溜まって相手の《逆毛ハイドラ》が《破滅の刻》の射程外まで行ってしまい手に負えなくなるが、《蝗の神》のイナゴ・トークンでチャンプ・ブロックして時間を稼ぐ。その間、相手の場には《逆毛ハイドラ》2体とか《つむじ風の巨匠》とか色々並ぶ。相手が勝負を決めるために《栄光をもたらすもの》をキャストして総攻撃を仕掛けてきたので、トークン総出でチャンプブロックし、返しのターンで《絶滅の星》を撃って皆殺し。《原初の呪物》が反転したので、相手投了。

3本目:残りライフ6まで追い込まれるが、《原初の水源》からの《霰炎の責め苦》が間に合い勝ち。

このデッキは除去が多くティムール・エネルギー相手に有利かと思いきや、《逆毛ハイドラ》があっという間に《破滅の刻》の射程外に行ってしまうため、そんなに有利でもありませんでした。


2回戦 vs 青白《王神の贈り物》 ××
1本目:相手がダブルマリガンしてくれたのに、こちらが土地3枚で詰まって死亡。
2本目:またしても土地が詰まって死亡。

こちらは《削剥》《強迫》《否認》があり、墓地からクリーチャーが何度も蘇ってくるのはキツイもののそんなに速く攻めてくるわけではないため、勝てると思っていたので残念。


3回戦 vs ティムール・エネルギー ××
1本目:除去が《蓄霊稲妻》1枚だけで後は土地をひたすらドローという残念な展開であっさり負け。
2本目:またしても軽量除去があまり引けず、序盤にライフを削られてしまう。《逆毛ハイドラ》が《破滅の刻》の射程外に行ってしまったため駄目元で撃った《絶滅の星》を《否認》されて負け。先手でマリガンして手札が減るのが嫌で、緩めのキープをしたのが良くなかった。
《絶滅の星》より《バントゥ最後の算段》の方が軽くて良いかもしれない。

フリープレイではなかなかいい勝負だったので、ティムール・エネルギー相手はそんなに不利というわけでもありませんでしたが、思っていたほど有利でもありませんでした。

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ