平平MTG日記

フライデーで週1回遊ぶ程度のサラリーマンのMTG日記です。

徹夜の仕事明けで辛かったですが、『致命的な一押し』が欲しいので青白副陽の接近コントロールでFNMに出てきました。

デッキリスト

今まではメインに『本質の散乱』を2枚入れていたのですが、ChannelFireballの記事を参考にして汎用性のある『不許可』2枚に入れ替えて見ました。着地前に打ち消したいクリーチャーのうち『不屈の追跡者』以外はだいたい4マナなので『不許可』で十分間に合うと考えました。

また、サイドボードにも『不許可』を1枚増やしたのと、雑に強い『奔流の機械巨人』を1枚入れました。

Lands
2 x イプヌの細流 
4 x 大草原の川
4 x 灌漑農地
7 x 島
7 x 平地

Creatures


Spells
4 x 検閲
2 x 不許可 
4 x 至高の意思
4 x 天才の片鱗
3 x ヒエログリフの輝き
3 x 排斥 
2 x 停滞の罠
2 x 鑽火の輝き
2 x 神聖な協力
4 x 燻蒸
1 x 農場+市場
1 x 試練に臨むギデオン 
4 x 副陽の接近 
     
 
 
Sideboard
3 x 否認
1 x 不許可
1 x 奔流の機械巨人
2 x 保護者リンヴァーラ
2 x 終止符のスフィンクス
3 x 領事の権限
2 x 試練に臨むものギデオン
1 x 即時却下


     
解説と反省
同型対策として『試練に臨むギデオン』を入れていたのですが、『不許可』を採用したので抜いてメインは土地にでも変えるべきでした。土地を増やすことにより後半に引きすぎた土地は、『市場』で捨てるのに使います。 

『奔流の機械巨人』は『失われた遺産』で抜かれないし、相手があまり予想していなかったりで役に立つことが多かったので、次回も採用したいと思います。 

戦績

1回戦 vs 黒緑巻きつき蛇 ○×○
ニッサ以外は『燻蒸』で破壊できるため、それほど相性は悪くない。ただし、『巻きつき蛇』が場に残ってしまうと、クリーチャーによる戦闘ダメージが突如大きくなり、一瞬で殴りきられてしまいます。

1本目は、特に妨害されることもなく『副陽の接近』を唱えて勝ち
2本目は、『歩行バリスタ』『光袖会の収集者』に『ゼンディカーの代弁者、ニッサ』が+1/+1カウンターを乗せるような状況になってしまい、殴りきられて負け。
3本目は、『副陽の接近』1回目を唱えた後に、『新緑の機械巨人』でカウンターを乗せた『夢盗人』に一発殴られて手札が空になるが、ライブラリーから2発目を引くまで粘って勝ち。


2回戦 vs 赤緑ランプ ○×○
青白コントロールを使っていて、今のところ赤緑ランプに負けなし。

1本目は相手があまり回ってなかったようで何もしてきませんでした。
2本目は『大いなる歪み、コジレック』を出され、『燻蒸』をカウンターされたりしてそのまま殴りきられて負け。コジレックは想定していなかった。
3本目は相手がトリプルマリガンだったのですが、そこから巻き返してきて『炎呼び、チャンドラ』が戦場に出てしまいました。負けたかなと思いましたが、サイドインした『奔流の機械巨人』をトップしてチャンドラを沈めて盤面を制圧し、2度目の副陽の接近を唱えて勝ち。

3回戦 vs 黒白冠毛の陽馬 ○××
先週のフライデーの優勝デッキ。いろんな手段でライフゲインして、馬トークンを増やすデッキ。

1本目は、特に妨害されることもなく勝ち。
2本目は、『配分の領事、カンバール』にライフを大量に持ってかれてしまい、1ターン間に合わなくて負け。カンバールの除去よりも『副陽の接近』を打つことを優先してしまったが、全力で先にカンバールを除去しにいくべきだった。
3本目 は、『ギデオンの介入』で『副陽の接近』を指定されてしまいピンチに。『排斥』で『ギデオンの介入』を追放するも、『永代巡礼者、アイリ』のパーマネント追放能力で『排斥』を追放されてしまい、しかもデッキの『排斥』が『精神背信』で抜かれたりして弾切れに。相手のクリーチャーやギデオンを捌き切ったが、こちらの除去やフィニッシャーも尽きてしまい馬に殴られて負け。 

正直、勝てることはできていたと思うのですが、集中力に欠け、プレイングやサイドボードで負けてしまいました。

4回戦 vs マルドゥ機体 ○××
メインに『難題の預言者』を入れているタイプのマルドゥ機体。
1本目は4ターン目から4枚連続で『難題の預言者』を出されるが、3枚はカウンターして、最後に1枚は燻蒸で捌いて、そのまま盤面をコントロールして勝ち。。
2本目は土地が詰まって負け。
3本目も土地が詰まって負け。
マルドゥ機体には相性が良いと思うので、負けて悔しいです。


戦績は2-2で、プロモの『致命的な一押し』はランダム配布に祈りを捧げましたがゲットできず。悲しいです。

イクサランプレビュー8日目。今日はMagic Storyで物語の公開です。

Magic Story『問われる自信』

プレビュー期間8日目はイクサランの物語第二話『問われる自信』が公開されました。戦場詩人の称号を皇帝から授けてもらうため、失われた黄金の都、オラーズカを探す旅に出ます。カード名が既に『戦場の詩人、ファートリ』なのですが、今後のイクサランのストーリーの中でファートリがオラーズカを見つけるのでしょうか。
気のせいか、新規公開カードはありませんでした。

その他公開カード

Tilonalli's Knight
(コモン) クリーチャー 人間・騎士

Tilonalli's Knightが攻撃するたび、あなたが恐竜をコントロールしているならば、Tilonalli's Knightはターン終了時まで+1/+1の修正を受ける。

2/2

リミテッドにおいて、コモンなので枚数も多く採用できるだろうし、恐竜デッキの序盤のアタッカーとして優秀ではないでしょうか


Kinjalli's Caller

クリーチャー 人間・クレリック

あなたが唱える恐竜・呪文のコストは(1)少なくなる。

0/3

恐竜限定とはいえ、まさかの1マナのマナクリーチャー。しかも、実際はコスト軽減だから、マナクリーチャーよりも強い。これは白絡みの恐竜デッキが一気に構築レベルまで上がった感があります


(レア)
Sword-Point Diplomacy 2黒
ソーサリー

あなたのライブラリーの上から3枚を公開する。
それぞれのカードについて以下を繰り返す。
いずれかの対戦相手が3点のライフを支払わない限り、そのカードを手札に加える。その後、残りのカードを追放する。

コントロールがこのカードを使ったら欲しいカードを引かせてもらえないのですごく弱いです。黒絡みの高速ビートダウンで、コントロール相手用サイドボードとして使ったりするのでしょうか。


(アンコモン)
Ruthless Knave
2黒
クリーチャー オーク・海賊

2黒、クリーチャーを1体生贄に捧げる。:宝物トークンを2つ生成する。
宝物トークンを3つ生贄に捧げる。:カードを1枚引く。

3/2

青黒海賊で宝物デッキを組む際、後半に余った宝物トークンをドローに変換してくれる偉い海賊です。マナが余っていれば、自分や他のクリーチャーに除去を打たれた時に、それを生贄に捧げて宝物トークンに変換できる点も地味に偉いです。
あるいは、白黒トークンでトークンが倍になる『選定された行進』と併せて使って宝物トークンを大量に生成、ドローに変えて、後半の息切れを防止するとか?


(アンコモン)
Raiders' Wake
3黒
エンチャント

対戦相手がカードを1枚捨てるたび、そのプレイヤーは2点のライフを失う。

強襲 - あなたの終了ステップの開始時に、このターンにあなたがクリーチャーで攻撃していた場合、対象の対戦相手はカードを1枚捨てる。

懐かしの『偏頭痛』。1マナ重たくなった代わりに、チマチマですが強襲で能動的に手札を捨てさせることができます。また、『偏頭痛』は2点ダメージだったのですが、こちらはライフを失うになってしまったので、プレインズ・ウォーカーの忠誠度を減らすことができません。
『新たな視点』(ゼウスサイクリング)への対策として使うのも面白くないので、『脅迫』も再録されたことだし、開き直って『夢盗人』や『巧者艦隊の拷問者』と組み合わせて手札破壊デッキを組んだ方が楽しいかもしれません。


(アンコモン)
Lightning-Rig Crew
2赤
クリーチャー ゴブリン、海賊

T:Lightning-Rig Crewは各対戦相手に1点のダメージを与える。
あなたが海賊呪文を唱えるたび、Lightning-Rig Crewをアンタップする。

0/5

リミテッドで赤青海賊を組んで、地上をこいつで止める構築ができたら強そう。

イクサランプレビュー7日目。また、gatheringmagic.comでのプレビューカード公開もありました。


プレビュー7日目

イクサランプレビュー7日目、部族セットのデベロップが公開されました。 記事の中で公開されたカードは以下の4枚でした。
(アンコモン) アダントの先兵
1白
クリーチャー 吸血鬼・兵士

アダントの先兵が攻撃している限り、これは+2/+0の修正を受ける。
4点のライフを支払う:ターン終了時までアダントの先兵は破壊不能を得る。

1/1
『マガーンの殴殺者、ヴォーナ』しかり、ライフをたくさん支払うと何かできる吸血鬼シリーズのようです。イクサランにおいては、4マナ以下でタフネスが3以下のクリーチャーがそこそこいるので、2マナのクリーチャーで4マナクリーチャーまで突破できると考えると、リミテッドで前のめりなデッキを組む場合には強いのではないでしょうか。


(アンコモン)
川潜み
1青
クリーチャー マーフォーク・戦士

川潜みはブロックされない。
他のマーフォークが1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、ターン終了時まで、川潜みは+1/+1の修正を受ける。

1/1
リミテッドや構築において、そんなに毎ターンマーフォクを大量に出せるわけではないので、+1/+1修正の能力はあまり期待できないのではないかと思います。ブロックされないので、海賊デッキに入れて強襲達成要員として使うのが良いかもしれません。


(レア)
蠱惑的な船員
3赤
クリーチャー 人間・海賊

3赤:対戦相手がコントロールするクリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それのコントロールを得る。そのクリーチャーをアンタップする。ターン終了時まで、それは速攻を得る。この能力は、あなたがソーサリーを唱えられるときにのみ起動できる。

4/3

能力起動にタップが入らないので場に出てしまえば、マナがある限り相手のクリーチャーを奪えます。現実的には最大でも2体でしょうか。大きいサイズのクリーチャーを並べてくる恐竜デッキ相手に強力なカードとなりますが、タフネスが3なので稲妻の一撃で落とされてしまいそうです。
また、記事中で海賊のアーキタイプについて以下のように解説がありました。イクサランプレリリースやグランプリ静岡に向けて覚えておく必要がありそうです。
青赤海賊:強襲
黒赤海賊:いくらかのコントロールを奪って生け贄にすることを含んだ横並べ戦略
青黒海賊:宝物に特化


(アンコモン)
突進するモンストロサウルス
4赤
クリーチャー 恐竜

トランプル、速攻

5/5
除去耐性のない『現実を砕くもの』。アンコモンなので出現頻度が高そうです。
海賊と同様、恐竜についても2色のずつでさらに細分化されていました。これについてもきちんと覚えておく必要がありそうです。
赤緑:激昂に焦点を当てた最も伝統的な「加速してデカいのを出す」バージョン
赤白:ボーナスを得るために小型の恐竜と人間を使うことに特化
緑白:ライフを得て飛行か可能な限り最大のクリーチャーで勝つ遅いコントロール


その他公開カード

gathering magic.comでプレビューカード『Dire Fleet Ravager』が公開されました。
(神話レア)
Dire Fleet Ravager
3黒黒
クリーチャー オーク・海賊・ウィザード

威迫、接死

Dire Fleet Ravagerが戦場に出たとき、各プレイヤーはライフの3分の1(切り上げ)を失う。

4/4
場に出た時の能力があんまり嬉しくないのですが、この能力が刺さるアーキタイプが生まれることを開発は見越しているのかもしれません。
紹介記事ではサンプルデッキとして赤黒ミッドレンジが紹介されています。

↑このページのトップヘ