平平MTG日記

フライデーで週1回遊ぶ程度のサラリーマンのMTG日記です。

イクサランのプレビューウィーク1週目が終わって、シングルカードの予約価格を調べてみました。値段はどこか特定の店の値段ではなく、何店かみて、こんなもんかなという値段です。

1位 殺戮の暴君 2700円

海外での予約価格は1500円くらいと、国内と乖離が大きいので1位にするか微妙でした。
コントロール相手の場合、『逆毛ハイドラ』だと『本質の散乱』で打ち消されてしまうし、呪禁をつけるためにエネルギーを残しておかないと行けないのですが、これは打ち消されないわ、しかも『奔流の機械巨人』を一方的に仕留めれるサイズだわで、さすが6マナの神話レアだけあって強いです。

2位 狡猾な漂流者、ジェイス 戦場の詩人、ファートリ Vraska,Relic Seeker 2500円

日本でも海外でも、どれも2500円くらいでした。この初動価格は2,3ヶ月したら600円〜1000円に落ちつくパターンではないでしょうか。

3位 イトリモクの成長儀式/太陽の揺籃の地、イトリモク 2000円

SCGの通信販売サイトでは、このカードだけ売り切れになっていました。おもて面が3マナと重たい上に、クリーチャーしか持ってこれずヒット率がそんなに高くないので、2000円もするほど強いかというと疑問です。
そういえば、20年近くずっとガイアの揺籠(ゆりかご)の地だと思っていたのですが、揺籃(ようらん)だったことに今更気づきました。

4位 レギサウルスの頭目 1200円

5マナということで、同じ5マナ圏にかつていた『ロック鳥』や『スラーグ牙』と盤面制圧力の面で比べられているようです。『ロック鳥』と異なりトークン生成の条件はないところが強みになります。また、トークンが速攻を持っているので、出した返しに『燻蒸』で除去されるにしても3点は殴れてるはずです。5ターン目と6ターン目に連続で出して6ターン目14点アタックができたら楽しそうです。

5位 太陽の化身、ギシャス 800円〜900円

切り裂き顎の猛竜よりも安い店もあります。8マナもかかるだけあって一発殴れば勝ちみたいなところがありますが、ギシャスのためにナヤにするのだろうかと思うところがあります。切り裂き顎の猛竜の方が強いんじゃないかと思います。

6位 切り裂き顎の猛竜 750円〜880円

最初は500円くらいだった気がしますが、イクサランのカードプレビューが進んで3マナ以下の優秀な恐竜カードが公開されたことで価格が上昇しました。場に出た時に何か仕事をしてくれる訳ではないため、使ってみたら思ったより強くないのかもしれません。巻きつき蛇デッキの『不屈の追跡者』や『ゲトの裏切り者、カリタス』の代わりに試してみようと思っています。

7位 マガーンの鏖殺者、ヴォーナ 700円〜800円

ライフが余ってしょうがない白黒トークンで使う?それでも7点支払いって結構なコストだとは思うのですが、そこそこのお値段します。



上記以外のカードはどれもだいたい500円以下でした。青黒系海賊クロックパーミッションとか安く組めるデッキが何かないだろうかとシングルカード予約価格を眺めています。 

グランプリ・静岡2017に向けて、今までチームシールドをやったことがなかったので、チームシールドの練習第一回をやってみました。
同じ職場の3人でチームを組んでいるので、仕事の合間に練習ができるという、素晴らしい職場環境です。

 使用したパックはタルキール覇王譚12パック。タルキールなのは特に意味はなく、単に我が家にニコニコ超会議2017のパック掴み取りでもらった未開封のパックが20パック以上放置してあったからです。来週は練習第二回を開催予定なのですが、来週もタルキール覇王譚で練習するとタルキール覇王譚に慣れてしまいそうなので、来週はカラデシュで練習予定です。

練習した結果は以下の通り。

時間配分編

時間配分の目安
デッキ構築に与えられる時間60分の配分は最初に以下のとおり決めてストップウォッチで時間を計測しながらやりました。
時間やること
0-2分カードを色ごとに仕分ける。マルチカラーとアーティファクトは6色目に分類して、全部で6つの束にする。
2-7分何かしらの方法で1人あたり2色を割り当て、それぞれ弱いカード、まあまあのカード、強いカードの3つに仕分けする。
7-13分その色が、マナカーブ、除去、同色内でのシナジーがあり単色に近しいデッキが組めるようなものか、1つ1つ確認する。
13-22分紙に書きながら、構築するデッキを議論する。マナカーブ、マナ基盤が安定しており、ゲームプランも一貫しているデッキを3つ作る。このとき2パターンの組み合わせを考える。
22-28分考えた2パターンのうち、良くないと思っているパターンでデッキを組んで、議論する。(パターン1)
28-34分最も良いと思っている別のパターンでデッキを組んでみて、最初に組んだものよりも良いか、再度議論する。(パターン2)
34-36分パターン1の方が良いと思ったら、パターン1に戻す。
36-46分椅子に時計回りに集まって、デッキの細部について議論して調整する。
46-50分誰がどのデッキを使うか決めて、サイドボードカードを割り当てる。
50-60分デッキリストを書く。

時間配分振り返り

1人あたり2色を割り当てた後、各自の担当する色の中でカードを選別する際にはクリーチャーとそれ以外も分けるというルールをアドリブで追加しました。これはその後のデッキ構築の意思決定をする際に、軸となる色をパッと決めれたので大成功でした。

また、作業スペースについて会社の空いている会議室で行ったため場所を広く取ってしまい、自分以外の人が割り当てられた色でどんなカードがあったのか、テーブルにカードを広げていたものの、場所が遠くてきちんと確認できませんでした。さらに、組んだデッキについて議論する際、デッキの大枠については全員で議論できましたが、入っているカードの細部まで踏み込んだ議論ができなかったため、特定のデッキにレアと神話レアが全部で5枚も入っていることに最後まで気づけませんでした。次回練習する際には、全部の使えるカードを1箇所に集めることと、細部まできちんと議論するという意識を強く持つというのが反省として残りました。

デッキ構築

カードプール

パックから出たレアカードは以下のとおり。レアのフォイルが2枚出ており、レアはなかなか強め。



その他、引いたカードは以下のとおり。
 
  • 白・・・生物も除去も充実しており、単色で長久デッキが組めるレベル
  • 青・・・飛行生物豊富。宝船の巡航も引いた。
  • 黒・・・生物も除去も充実。
  • 赤・・・生物ほとんどなし。火力はそこそこ。
  • 緑・・・生物もスペルも少なめ。


構築したデッキ
構築したデッキは以下のとおり。
  • 白単長久タッチ縁切られた先祖(黒1マナ0/4の長久持ちのクリーチャー)
  • 青緑タッチ赤ランプ(写真左上のレア5枚投入)
  • 赤黒アグロタッチ白

結果、赤黒アグロは4マナ3/3で止まってしまうのであっさり息切れしてしまうことが多く、デッキパワーが低くなってしまいました。白単以外の2つのデッキについては、構成を考え直すべきでした。
また、長久という分かりやすいキーワードについてはデッキ構築中に意識できたのですが、探査という難しいキーワードまでは探査を活かせるようなシナジーデッキが作れるかとか、適正な探査カードの枚数まで検討する余裕がありませんでした。イクサラン環境だと、機体の適正な枚数とか、裏面が土地になっているカードの適正枚数とかを事前に検討要でしょうか。

正解かは検証していないので分かりませんが、以下の構成も試して良かったと思っています。
  • 白単長久タッチ縁切られた先祖(黒1マナ0/4の長久持ちのクリーチャー)
  • ジェスカイ+凶暴な拳刃
  • スゥルタイ(軽蔑的な一撃で相手の重たい生物は止めるデッキ)

今回は構築して回した後、崩してまた構築し直すということをやり忘れてしまったので、次回は忘れずに再構築までやって地力を上げていきたいと思います。
スポンサードリンク

イクサランのプレビュー1週目のまとめです
また、5日目にはハスブロ社のイベント「HASCON」にMTGも参加しており、会場でヴラスカが公開されました。


プレビュー5日目&ヴラスカ公開&HASCON


プレビュー記事

プレビュー記事、『対策カードを作る理由』で、『暴れ回るフェロキドン』が公開されました。
暴れ回るフェロキドン 2赤
クリーチャー

威迫
プレイヤーはライフを得られない。
他のクリーチャーが1体戦場に出るたび、暴れ回るフェロキドンはそのクリーチャーのコントローラーに1点のダメージを与える。

3/3

複数並べると自分の首を絞めかねないですが、それでも3マナで3/2ではなく3/3なのが嬉しいです。また、回避能力である威迫を持っているのも素晴らしいです。当初、恐竜はウラモグや世界を壊すものの代わりにランプに入れて使うのかな(弱そう)と思っていましたが、軽い恐竜が公開され始めたので、赤緑系の恐竜ビートダウンの方が良いのではないかと思ってきました。


ヴラスカ

HASCONで『秘宝探求者、ヴラスカ』が公開されました。
秘宝探求者、ヴラスカ
伝説のプレインズウォーカー ブラスカ

+2 威迫を持つ、黒の2/2の海賊・クリーチャー・トークンを1体生成する。
-3 アーティファクト1つかクリーチャー1体かエンチャント1つを対象とし、それを破壊する。無色の宝物・アーティファクト・トークンを1体生成する。
-10 プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーのライフの総量は1点になる。

初期忠誠度6

6マナだけあって、中々強力です。初期忠誠度が6もある上に、+能力が+2なので忠誠度も上がり方が高く、なかなか落とせません。ジャンドに入れて奥義から『稲妻の一撃』で仕留めるか、奔流の機械巨人と合わせてスゥルタイコントロールを組んでも面白いかもしれません。発売前に1枚くらいはデッキに入れて試してみようかと思います。シングルカード販売の予約価格は2000円を超えているようなのですが、そこまでお金を出して買いたくないのでパックから出て欲しいです。

HASCON

HASCONでは銀枠(スタンダード等の公式大会では使えないカード)が会場限定販売されていますが、トランスフォーマーのグリムロックがMTGのカードになっており、トランスフォーマー世代としてはすごく欲しいです。定価は30ドル(約3300円)っぽいのですが、オークションでは既に1万円以上します。そこまで出して買いたくないので、公式のツイートをリツイートして抽選にかけました。


また、同じくHASCONで12月8日発売の『Unstable』に収録されるフルアート土地が公開されていました。これまでのフルアート土地と比べて最高レベルの出来なのではないでしょうか。しかし、レアと同じホログラムが入っているのが気になります。パックに必ず収録されていないのであれば、集めるのがすごく大変になってしまうので、パックに必ず収録になっているといいのですが。。パックに必ず1枚収録されるのであれば、土地のために箱買いはやむを得ないです。

プレビュー4日目

イクサラン プレビュー4日目。『激昂する恐竜たち』が公開されました。

待望の低マナ域の恐竜がついに登場。
群棲する猛竜
2緑
クリーチャー 恐竜

激昂 - 群棲する猛竜にダメージが与えられるたび、あなたはあなたのライブラリーから基本土地・カードを1枚探してもよい。そうしたなら、それをタップ状態で戦場に出し、その後あなたのライブラリーを切り直す。
2/3

猛竜の幼生
1赤
クリーチャー 恐竜

激昂 - 群棲する猛竜にダメージが与えられるたび、トランプルを持つ緑の3/3 恐竜・クリーチャー・トークンを1体生成する。

1/1

『群棲する猛竜』は、待望の低マナ土地加速になるアンコモンとして相応に強いカードです。3/2ではなく2/3というところが赤単みたいな2/1のクリーチャーを並べてくる速いデッキ相手へのプレッシャーになってとても良いです。
これだけ軽い恐竜がいれば、『金属ミミック』を入れても良さそうではあります。2T目にマナクリ(『大物群れの操り手』)を出せば、3T目に『金属ミミック』を出してマナクリを3/3にして殴るか、4マナの恐竜(『切り裂き顎の猛竜』)なりチャンドラを出すかに分岐できるし。
歩行バリスタも自分で激昂達成要員として入れたいところです。金属ミミックよりは歩行バリスタが優先されるのでしょうか。自分の歩行バリスタで激昂する動きがコントロール相手にそんなに強いかというと、あまり強くない気がするので、ミミックもバリスタも入れるスロットはないかもしれません。

恐竜は、クリーチャーデッキや赤青コントロールみたいなダメージで盤面を捌いてくるコントロールに対しては強いんじゃないかという気がしていますが、赤白緑の三色で単に恐竜を並べて殴るだけのデッキにしてしまうと、序盤にさほどプレッシャーをかけて来ないので、『燻蒸』を連発してくる青白コントロールは不利なマッチアップとなり、『英雄的介入』で『燻蒸』を無効化するとか、『反逆の先導者、チャンドラ』を多めに積むとか構成を工夫する必要があると考えています。

プレビュー3日目

ストーリー『孤高のジェイス』

イクサランのプレビュー3日目はここ2日間の開発秘話+新カード紹介はなく、イクサランのストーリー『孤高のジェイス』の公開のみでした。野生的でたくましいジェイスの物語を読むことができます。

過去のカードのカードタイプに恐竜を追加

また、同日に『A ROYAL RECIPE FOR DINOSAUR TRIBAL』という記事が公開されました。
記事の中で新カード「レギサウルスの頭目」が公開されています。
レギサウルスの頭目
3赤緑
クリーチャー 恐竜

あなたがコントロールする他の恐竜は速攻を持つ。
〜が場に出たとき、トランプルを持つ3/3の緑の恐竜トークンを場に出す。
4/4

カード単体のスペックとしては栄光をもたらすものの方が強いと思いますが、うまく恐竜デッキを組んで、後続の恐竜たちが速攻でガシガシ殴ることができればこちらの方が強力なのではないかと思います。
また、記事によると、まだ恐竜関連はサプライズが残っているようです。

イクサランで新たなクリーチャータイプである恐竜が増えたことから、過去のカードタイプも見直され、以下のクリーチャーのクリーチャータイプに恐竜が追加されました。
最上位のティラナックス(ミラディンの傷跡)
死霧の猛禽(タルキール龍騎伝)
ドロモザウルス(ウルザス・サーガ)
熱狂の猛禽(レギオン)
キノコザウルス(第4版など)
放漫トカゲ(未来予知)
マグマザウルス(テンペスト)
パンゴザウルス(メルカディアン・マスクス)
朽ちゆく猛禽(スカージ)
Pygmy Allosaurus(アイスエイジ)
尾根の頂の猛禽(レギオン)
鱗剥ぎの捕食者(ギルド門侵犯)
シヴの猛竜(ウルザズ・サーガ)
ティラナックス(フィフス・ドーン)

イクサラン以外の次元では恐竜がそんなに栄えていなそうです。彼らはシーラカンス的な感じで、かろうじてその次元で古い種が生き残っているのかもしれません。
恐竜にするクリーチャーを選別するときは、名前で検索かけるだけだと見落としそうなので、きっと1枚1枚イラストをチェックしてたクリーチャータイプ職人がいたのだと思います。

プレビュー2日目

イクサランのプレビュー2日目、『イクサラン』のデザインの征服が公開されました。イクサランで採用するメカニズム決定の経緯や、裏返ると土地になるアーティファクトのフレーバーに触れられておりMTGをどのように開発しているかが垣間見える面白い記事でした。
公開されていた新カードは機体で初の両面カードとなる「征服者のガレオン船」のみです。
征服者のガレオン船 (表面)
4
アーティファクト 機体
攻撃したときに、戦闘終了時に裏返す。
搭乗 4

征服者の橋頭堡 (裏面)
土地
(T) あなたのマナプールに(1)を加える
2(T)カードを1枚引き、その後カードを1枚捨てる
4(T)カードを1枚引く
6(T)あなたの墓地からカードを1枚対象とし、それをあなたの手札に戻す

裏面の土地は強いのですが、その反面、表面の機体が搭乗4となかなか難易度が高くなっており、これといったデッキが思いつきません。アブザントークンに入れて、『太陽の揺籃の地、イトリモク』で大量にマナを出して毎ターンカードを引くような使い方でしょうか。

プレビュー1日目

今日からイクサランのプレビューウィークが開始し、1日目はイクサランの世界観が決まるまでの開発の流れが書かれた記事、ただ『イクサラン』のために その1が公開されました。 公開されたプレビューカードは1枚だけ。
覚醒の太陽の化身
5白白白
クリーチャー 恐竜・アバター
覚醒の太陽の化身が戦場に出た時、あなたがこれをあなたの手札から唱えていた場合、恐竜でないクリーチャーを全て破壊する。

恐竜ランプを組んでこのカードを入れてみたいかというと、赤緑白で組むと白白白が出ないことがありそうだし、最近流行っている緑白ランプみたく燻蒸を積んだほうが強いんじゃないかという気がしますが、もう少しマナを伸ばすようなソーサリーとかが公開されたら、とりあえず恐竜ランプは組んでみようかと考えています。白を足すのであれば、『覚醒の太陽の神官』を一緒に入れて序盤をしのぎつつ、1枚だけ入れてある『覚醒の太陽の化身』を後半にサーチしてくるような動きでしょうか。
また、恐竜ランプには、『大物群れの操り手』が採用されそうです。恐竜ランプは赤白緑なので、好きな色マナを出せるのが嬉しいし、3T目に4マナの恐竜『切り裂き顎の猛竜』を出せれば、アグロデッキに対して優秀なブロッカーとなってくれます。
大物群れの操り手
1緑
クリーチャー 人間・ドルイド
大物群れの操り手はあなたが恐竜をコントロールしている限り、1/1の修正を受ける。
(T)あなたのマナプールに好きな色のマナ1点を加える。
1/1

切り裂き顎の猛竜
2緑緑
クリーチャー 恐竜
激昂 - 切り裂き顎の猛竜にダメージが与えられるたび、あなたはカードを1枚引く。

4/5

ちなみに、イクサランの予約をしているサイトを見ると、覚醒の太陽の化身が神話レアだけど300円くらいで、切り裂き顎の猛竜は300〜400円でした。
アンコモンとしては「手付かずの領土」が200円〜300円と高くなっていました。 恐竜ランプに必須のような気がしつつも、恐竜以外のスペルで事故を起こしそうなので恐竜ランプには不要かもしれません。
手付かずの領土
土地

手付かずの領土が場に出るに際し、クリーチャ・タイプを1つ選ぶ
(T)あなたのマナプールに(1)を加える。
(T)あなたのマナプールに好きな色1色のマナ1点を加える。このマナは、その選ばれたタイプのクリーチャー呪文をを唱えるためにのみ使用できる。

0日目

『イクサラン』カード大量公開

出回っていたアンカットシートに記載されていたレアが、公式記事でまとめて公開されました。
残骸の漂着は青白コンで試してみたいと思っています。

『イクサラン』のメカニズム

また、イクサランのメカニズムも公開され、その中でさらっとプレーンズ・ウォーカーのルールが変更され、別のカードなら同じプレーンズ・ウォーカーでも同時に戦場に存在できるようになってました。

↑このページのトップヘ