平平MTG日記

フライデーで週1回遊ぶ程度のサラリーマンのMTG日記です。

Channel FIreballでFrank Karstenが《更生の泉》を入れた青黒即席について記事にしていました。

jp_WpbiazTUgD

Fountain of Renewal in Blue-Black Improvise By Frank Karsten

デッキリスト

U/B Improvise by Frank Karsten
Lands
2 x 島
6 x 沼
3 x 水没した地下墓地
4 x 産業の塔
2 x 発明博覧会
4 x ザルファーの虚空

Creatures
4 x 艱苦の伝令
1 x ランプのジン、ザヒード
2 x 練達飛行機械職人、サイ

Spells
3 x ウルザの後継、カーン
1 x 策謀家、テゼレット
3 x アンティキティー戦争
4 x 霊気装置の設計図
3 x 歯車工の組細工
1 x 金属紡績工の組細工
1 x 魔術遠眼鏡
4 x 予言のプリズム
4 x 更生の泉
3 x 金属の叱責
1 x 橋上の戦い
4 x 改革派の地図
Sideboard
3 x 強迫
3 x 橋上の戦い
2 x バントゥ最後の算段
2 x 工匠の達人、テゼレット
1 x ランプのジン、ザヒード
2 x 商人の荷運び
1 x 歩哨のトーテム像
1 x 魔術遠眼鏡

解説

以下、記事からの抜粋&要約。

《更生の泉》のライフゲインはわずかかもしれませんが、3マナでドローに変えることができるためコントロール相手でも腐らないという点が、《航海士のコンパス》等に比べて優れています。

《工匠の達人、テゼレット》はコントロール相手とミッドレンジ相手のサイドボードカードとして手堅いとのことです。また、アグロデッキには弱いカードなためメインボードには入らないとのことです。

サイドボードについて、このデッキはシナジーデッキなので軽量アーティファクトと即席や各種アーティファクトシナジーがあるカードのバランスを変えたくないため、《致命的な一押し》や《否認》といったカードが不採用で、微調整で済むか、対コントロール用の《商人の荷運び》などアーティファクトのシナジーを持ったカードか、緑系デッキに対する《バントゥ最後の算段》のような特定のデッキにぶっ刺さるカードを採用しているとのことです。

スポンサードリンク
 

特定のキャラクターのデッキをレガシー、モダン、スタンダードで構築するMTG Goldfishの人気連載に《策略の龍、アルカデス》が登場しました。

Deep Tracks: Arcades by John Messner

jp_O4oWN2h93M

デッキリスト

Bant Toughness by Elixir99
Lands
4 x 植物の聖域
5 x 森
3 x 氷河の城砦
1 x ハシェプのオアシス
1 x 内陸の湾港
1 x 島
4 x 平地
1 x 屍肉あさりの地
4 x 陽花弁の木立ち

Creatures
4 x ラノワールのエルフ
4 x 蔦の壁
4 x 領事府の空船口
4 x 煌めく障壁
2 x 秘紋のアルマサウルス
3 x 悠久の壁
4 x 策略の龍、アルカデス

Spells
1 x ドミナリアの英雄、テフェリー
1 x 顕在的防御
3 x 黄昏+払暁
1 x 顕在的防御
3 x 氷結
3 x 天界の神盾

Sideboard
1 x 幽体化
1 x 帰化
2 x 否認
1 x 自然に使える者、ニッサ
1 x 贖罪の聖騎士
2 x 陽光浄化者
1 x 氷結
2 x 打ち壊すブロントドン
1 x 排斥
1 x 光輝の勇者、ファートリ
1 x ビビアン・リード
1 x 好戦的なブロントドン


解説

壁+アルカデスの、アルカデスがいなかったら何もできないデッキ。序盤は軽い壁を並べ、アルカデスが出たら一気に襲い掛かります。壁では止められない大型クリーチャーは、《黄昏》でなぎ払います。
《払暁》で壁たちが場に戻ったときにアルカデスがいれば、大量に手札が補充できます。

相手の軽量飛行クリーチャーは到達を持っている《蔦の壁》や《領事府の空船口》で止めることができます。

《氷結》はエンチャントされているクリーチャーを0/4の防衛持ちにするカードですが、相手のハゾレトを食い止めるのにも使えるし、自分の《ラノワールノエルフ》を0/4にしてパワーアップさせるのにも使えます。

《秘紋のアルマサウルス》はパワー2なので《黄昏+払暁》と相性がよいカードであることから採用されています。また、相手が《歩行バリスタ》等の能力を起動することで1ドローできます。
jp_5QI4mbgOdf
なお、元記事には「アルカデスと相性がよい」と書いてあるのですが、アルカデスの能力が防衛持ちにしか効果がないことを見落としていたっぽいです。

かつての《突撃陣形》は防衛を持っていないクリーチャーに対しても効果がありましたが、アルカデスは防衛を持っているクリーチャーにしか効果がなく、デッキの構築の幅が狭められているのが苦しいです。

スポンサードリンク

 

Channel FireballでAndrea Mengucci が《死が触れぬ者、リリアナ》などを入れた黒単ゾンビデッキのリストを掲載していました。

Zombies in Core 2019 By Andrea Mengucci

黒単ゾンビ

デッキリスト

Mono-Black Zombies
Lands
17 x 沼
2 x 愚蒙の記念像
4 x イフニルの死界

Creatures
4 x 戦墓のグール
4 x 戦慄の放浪者
4 x 墓地の司令官
4 x 屑鉄場のたかり屋
4 x アムムトの永遠衆
4 x 呪われた者の王
2 x 死の男爵

Spells
3 x 死が触れぬ者、リリアナ
4 x リリアナの支配
4 x 致命的な一押し

Sideboard
4 x 強迫
4 x 遺跡の略奪者
2 x 疫病牝馬
4 x 才気ある霊基体
1 x 本質の摘出


解説

M19のプレインズウォーカーはこれまでよりも弱く《死が触れぬ者、リリアナ》も該当しますが、能力をうまく生かした構築をしてみようと思いたったようです。
636651482188880646.png

以下、記事の抜粋&要約。

《墓地の司令官》は自分で墓地を追放していくのでリリアナの-3能力とは相性がよくありませんが、+能力で墓地が肥やせることと、-2の効果を高めることができます。
jp_wIatvBmA6X

1マナのゾンビとして2/2の《戦墓のグール》は採用されていますが、1/1の《縫い師への供給者》は《ゴブリンの鎖回し》がいる環境では使うに値しないということで不採用になっています。

《屑鉄場のたかり屋》はゾンビではありませんが、2マナのゾンビに《屑鉄場のたかり屋》を超える強いカードがいないのと、《死が触れぬ者、リリアナ》の墓地にカードを落とす+能力と相性がよいため採用されています。

上記リストには採用されていませんが、ゾンビシナジーを薄くして《戦慄の影》《豪華の王、ゴンティ》《貪欲なチュパカブラ》といった強いカードを入れた構築も試してみる価値がありそうとのことです。

スポンサードリンク
 

↑このページのトップヘ