平平MTG日記

フライデーで週1回遊ぶ程度のサラリーマンのMTG日記です。

戦乱のゼンディカー以降のエルドラージランプといえば赤緑でしたが、緑白ランプとバントランプという新しいランプが活躍していました。

緑白ランプ

デッキリスト

MOスタンダードリーグで5-0していたリストで、マナ加速でウラモグや世界を壊すものを出すランプと思わせておいて、副陽の接近もぶっ放してくるやりたい放題な構成となっています。ウラモグと副陽の接近はどちらも即死級のフィニッシャーですが、クリーチャーとソーサリーという違いがあるため、対戦相手は対策カードをクリーチャー追放除去またはカウンターに絞り切ることができません。相手の持っている対策カードを空振りさせて、そのまま勝利するのでしょう。
ただ、ライブラリーをかき混ぜるカードがたくさん入っているので、副陽の接近で勝てる試合がどれだけあるのか疑問です。

デッキリスト

Lands
4 x 森
4 x 要塞化した村
4 x ハシェプのオアシス
5 x 平地
1 x ウギンの聖域
1 x まばらな木立
3 x シェフェトの砂丘
2 x 忘れられた神々の神殿  

Creatures
4 x スレイベンの検査官
3 x 世界を壊すもの
3 x 絶え間ない飢餓、ウラモグ 

Spells
3 x 砂の下から
4 x 燻蒸
4 x 約束の刻
2 x 罪人への急襲
4 x 副陽の接近
4 x 楽園の贈り物
4 x 奇妙な森
 
 
Sideboard
4 x 領事の権限
3 x 威厳あるカラカル
3 x 保護者、リンヴァーラ
4 x 忘却蒔き
1 x 世界を壊すもの
 

解説

メインボードを見ると赤単以外には強そうな気がしますが、赤単相手もサイド後は領事の権限とリンヴァーラがいるので、互角に戦えるのでは無いかと思います。
私はスレイベンの検査官は、どうせ除去されるだけだからブロッカーにならないように思っていた時期があったのですが、相手に除去を使わせることができたら、それはそれで時間が稼げるし、後で1ドローできるので、遅いデッキが採用するのもありだなと最近思い直しています。

サイドボードの忘却蒔きは、打ち消されないマナ加速として青巨人系コントロール相手に使うのだと思います。私も青白コントロールを使っていて、相手がランプだと約束の刻に狙いをすませてカウンターするのですが、忘却撒きを出されて、土地は伸ばされるは、ライブラリーは飛ばされるは、それなりにサイズが大きいので対処しないといけないわで困りました。

サイドボードにカラカルとリンヴァーラが3枚ずつ入っているのですが、これはラムナプレッド相手に世界を壊すものやウラモグを減らして投入し、副陽の接近に寄せるのかもしれません。ただ、これだけ無色マナが出る土地があるなら、私は難題の預見者を入れたいです。

世間的には副陽の接近なんて入れていないまともな緑白ランプが何度もMOで5-0してたり、グランプリ・ワシントンDCで2位になってたりして結果を出しているのですが、私はこちらの副陽の接近が入っているバージョンに心惹かれます。
 

バントランプ

デッキリスト

緑白ランプに青をタッチしたというよりは、青を採用することでメインにルクサの恵みを積むとともに、サイドボードに否認を足してコントロールとも戦える構成となっており、白緑ランプとは完全に別のデッキとなっています。

Standard Bant Ramp
by Gerard Fabiano

Lands
4 x 霊気拠点 
3 x 植物の聖域
3 x 森 
3 x ハシェプのオアシス  
1 x 島 
2 x 平地
1 x ウギンの聖域
3 x まばらな木立
2 x 見捨てられた神々の神殿

Creatures
2 x 保護者、リンヴァーラ
4 x 歩行バリスタ
4 x 導路の召使い
2 x 世界を壊すもの
2 x 絶え間ない飢餓、ウラモグ

Spells
4 x 霊気との調和
4 x 楽園の贈り物
2 x 奇妙な森
1 x 開拓+精神
3 x ルクサの恵み
2 x 実地研究者、タミヨウ
4 x 燻蒸
4 x 約束の刻


 
Sideboard
4 x 否認
2 x 不屈の追跡者 
2 x 逆毛ハイドラ 
4 x 領事の権限
1 x 罪人への急襲 
1 x 隔離の場
1 x 不撓のアジャニ 


     

解説

歩行バリスタやタミヨウが入っているので、一見すると霊気との調和はウルヴェンワルド横断にしてフィニッシャーを安定して持ってこれるようにした方が良さそうですが、サイドボードにいる逆毛ハイドラのためにエネルギーを溜めることを優先して霊気との調和になっています。私だったら1枚だけウルヴェンワルド横断をいれる気がしますが、インスタントがないので昂揚を達成しにくいのかもしれません。

保護者、リンヴァーラはメタゲームのトップ3であるラムナプレッド、黒単ゾンビ、ティムールエネルギーに強いカードとしてメイン採用されています。

ルクサの恵みは、エンチャントなので壊されにくい代わりに動き始めるのが1ターン遅い、プレーンズウォーカーのような役割を果たします。2枚場に出ると、6マナ加速できたりしてやりたい放題です。


サイドボードについて、不撓のアジャニはティムールエネルギーやゾンビ相手に投入するようです。不撓は「ふとう」と読み、困難にあってもひるまないことのようです(Googleで検索しました)。イクサラン発売後、白緑系で恐竜ランプが成立するようであれば、不撓のアジャニももっと活躍できるのかもしれません。使ってあげたいです。
赤単相手のサイドボードでは、青いカードは全部抜いて、緑のカードを投入し、白緑ミッドレンジみたいなデッキに変わります。サイドボード後もウラモグはフィニッシャーとして1枚だけ残します。

イクサランのボックス購入特典やマジック交流会参加記念プロモカードなどのプロモカードや、プレーンズウォーカーデッキ収録カードが公開されました。

『イクサラン』のプロモカードとプレインズウォーカーデッキ、各種製品のパッケージ、FNMプロモ・トークン!

ボックス購入特典は、焦熱の太陽の化身のプロモカードの他に、 先着順でスタンダード・ショーダウンの景品のブースターパック2個分のカードが入ったパックがもらえるとのこと。数量には限りがあるので近くのお店にお問い合わせくださいと書いてあるのですが、お店側はボックス購入特典の中身は知らされておらず、ブースターパックが何個入るかは分からないとのこと。ショーダウンのパックには今回から過去に人気のあった基本土地のfoilが入るのでとても欲しいのですが、もらえるか分からないので予約するか迷います。


巧妙な精神魔道士、ジェイスは+能力で自分のクリーチャーを全てアンタップできるので、青系のクリーチャーデッキが、クリーチャーデッキ相手に使えるそれなりのパワーを秘めているような気がします。ティムールエネルギーに入れて、督励した栄光をもたらすものをアンタップするとか。ブースターパックに入っている3マナのジェイスよりも強いのではないでしょうか。(PVもChannek Fireballの記事で、3マナジェイスはスタンダードで使われない方に賭けるって言ってるし)
 

FNMに青白副陽の接近コントロールで参加してきました。
今まで3枚だった副陽の接近を4枚に増量しました。

Lands
2 x 荒廃した瀑布
4 x 大草原の川
4 x 灌漑農地
7 x 島
7 x 平地

Creatures


Spells
4 x 検閲
2 x 本質の散乱
4 x 至高の意思
4 x 天才の片鱗
3 x ヒエログリフの輝き
2 x 逆境
3 x 霊気溶融
2 x 鑽火の輝き
2 x 神聖な協力
3 x 燻蒸
2 x 啓示の刻
4 x 副陽の接近 
     
 
 
Sideboard
4 x 否認
2 x 保護者リンヴァーラ
2 x 終止符のスフィンクス
3 x 領事の権限
3 x 試練に臨むものギデオン
1 x 即時却下


     
戦績は以下のとおり。

1戦目 ゼウスサイクリング(新たな視点コンボ)○○
 1本目は新たな視点を至高の意思で打ち消した後、「信者の確信」(サイクリング時に1マナ払うと2点ドレインできるエンチャント)単発でゴリゴリ削られましたが、副陽の接近2枚が間に合って勝利
 2本目はギデオン+ギデオン紋章+終止符のスフィンクスという盤石の体制であっさり勝利。

2戦目 ゼウスサイクリング(新たな視点コンボ)×○○
 1本目は新たな視点を打ち消せず、信者の確信で削られて負け。
 2本目はギデオン+紋章で守りつつ、ギデオンで5回殴って勝ち。
 3本目は ケフネトを出されて、ギデオンの+能力で無効化して余裕かと思いきや、それを敏捷な妨害術師のサイクリングで打ち消されてしまい、逆境でケフネトをタップしたら砂時計の侍臣のサイクリングでアンタップされ、ギデオンが撃ち落とされてしまいました。そこから相手はシェフェトのオオトカゲをサイクリングせずに場に出して殴りきるプランを取ってきて危ないところでしたが、副陽の接近を2ターン連続で打って勝てました。副陽の接近を4枚に増量しておいて良かったです。

3本目 赤緑ランプ○×○
 1本目は相手が土地事故で楽勝
 2本目はワールドブレイカーで2枚とウラモグで2枚の合計4枚土地を飛ばされて死亡
 3本目は7ターン目に副陽の接近を打って、次にウラモグをトップされたら負けという状況で、なんとかウラモグを引かれず、8ターン目に副陽の接近を打って勝ち。

4本目 エスパーコントロール・ボーラス×○×
 エスパーコントロールにニコル・ボーラスをタッチ。
 1本目は、こちらが土地2枚で詰まって死亡
 2本目は、スフィンクスを出してから、副陽の接近を2回打って勝ち
 3本目は、ダブルマリガン。またしても途中で土地が詰まって死亡


4−0できなかったので致命的な一押しはゲットできず。悔しい。。。


結論。啓示の刻は重たすぎてコントロール相手にはきついのと、このカードの為に白マナが多めになってしまっており、そのせいで土地事故になることもあったので、来週からは一周回って排斥に戻そうかと思います。土地が詰まった時にサイクリングできるし。

副陽の接近は、2ターン連続で打てないと負けという状況があったので、4枚にしておいて正解でした。サイドの試練に臨むギデオンは奇跡的に新たな視点コンボと当たって超絶ぶっ刺さって楽しかったので、これはしばらく3枚入れておこうかと思います。終止符のスフィンクス2枚も外せない。 

↑このページのトップヘ