平平MTG日記

フライデーで週1回遊ぶ程度のサラリーマンのMTG日記です。

本日は青緑王神でフライデーに。

ちょうど青緑王神で出ようかと思っていたところに、【MTG】津村健志のゴキゲン!MO生活2018/5/17【晴れる屋】でも青緑王神を使っていたのでリストを真似し、《戦凧の匪賊》と《戦利品の魔道士》を《光集めの鶴》に変えました。《来世への門》《新緑の機械巨人》《歩行バリスタ》などを鶴で持ってきてアドバンテージを取っていく目論見です。



以下、レポート。

1回戦 vs 黒単コントロール XO-
1本目
6/6飛行のベルゼンロックに対処できず負け。
大型クリーチャー相手には、こちらのクリーチャーを《新緑の機械巨人》でより大きくして殴り勝つ作戦でしたが、世の中そう上手くはいきませんでした

鶴が全然アーティファクトを持ってきてくれないので、素直に《戦凧の匪賊》にしておけばよかったです。

最後はゴンティにとられた《新緑の機械巨人》で相手の《歩行バリスタ》にカウンターが乗って射殺されておしまい。

2本目
盤面が膠着したところで、サイドインした《川の叱責》を撃って勝ち。

3本目は時間がなくて引き分け。相手の盤面が更地になってこちらがクリーチャーを並べている展開だったので、時間があれば勝ってたかなと思います。

2回戦 vs 赤緑キッカー XOX
1本目
《苗木の移牧》とかで時間を稼がれている間にチャンドラが出てきて奥義を撃たれてしまい、最終的に《火による戦い》で10点+チャンドラで5点で死亡。
《機知の勇者》のタフネス1が辛かった。また、航空戦力がいないのが辛かった。

2本目
8/8速攻トランプルの《新緑の機械巨人》さんが強くて勝ち。

3本目
こちらはマナフラ。《削剥》《打ち壊すブロントドン》《貪る死肉あさり》という《王神の贈り物》にとっての最強布陣にに完封される。

3回戦 vs 青白コントロール XOX
1本目
8/8速攻トランプルの《新緑の機械巨人》さんが強くて勝ち。

2本目
特筆するようなこともなく普通にコントロールされて《奔流の機械巨人》に殴られて負け。

3本目
ライラに殴りきられて負け。もうちょいでライブラリーアウトで勝てそうでした。サイドボードをちゃんと考えれば、もっといけそうな気がします。


3回戦が終わった後、一緒にフライデーに出ていた会社の後輩がジェスカイコントロールで2勝1分でゴキゲンだったようで、私のところにきて「実質3-0でした」とよくわからないことを言ってきました

スポンサードリンク

BATTLEBONDのカードが2枚ほど公開されました。
FIND YOUR PARTNER WITH BATTLEBOND

ボックスはもう予約受付中です。プレビューは5月22日からのようです。
予約トレカ(マジックザギャザリング)【ボックス】MTG バトルボンド ブースター 日本語版
予約トレカ(マジックザギャザリング)【ボックス】MTG バトルボンド ブースター 英語版

en_YmvDbM8FUd
en_32cZLzcr3k


スポンサードリンク


10月の新セットはラヴニカ。ラヴニカの構築済はちょっと買って遊んでみたいです。




スポンサードリンク

しばらく前に発表されていた中国をモチーフにしたプレインズウォーカーデッキ「GLOBAL SERIES JIANG YANGGU & MU YANLING」のカードが公式で公開されました。
GLOBAL SERIES: MEET JIANG YANGGU AND MU YANLING

en_GKsZDcrlp9
en_0YUlmB7hWF


Global Series: Jiang Yanggu & Mu Yanling will only be Standard legal in China. It will not be Standard legal anywhere else.(中国でだけスタンダードで使えるよ)とのこと。

予約受付中です。
予約トレカ(マジックザギャザリング)MTG Global Series:Jiang Yanggu vs. Mu Yanling


製品説明は以下のとおりです。
-----
『Global Series: Jiang Yanggu and Mu Yanling』では、マジックの世界に新たなプレインズウォーカーがふたり登場します。この製品では中国のアーティストやライター、民俗学者からなるチームが、中国の文化や神話にもとづく新しいマジックの物語とカードを制作し、それらをふたつのデッキにまとめました。
-----

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ